山中亮平もチェスリン・コルビのトライに興奮「あそこ取り切るのホンマにすごい」「コルビ半端ない」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』決勝が11月2日に横浜国際競技場で行われた。世界ランク3位の南アフリカが同ランク1位のイングランドを32-12で破り、大会3度目の優勝を果たした。

前回の2015年大会で日本代表を率い、今大会はイングランド代表HC(ヘッドコーチ)として参加したエディー・ジョーンズHCは優勝を逃す結末となった。

マカゾレ・マピンピが南アフリカ史上初のW杯決勝トライ

前半からセットピース(スクラム、ラインアウト)で優位に立ち、何度もイングランドのペナルティを誘った南アフリカ。ハンドレ・ポラード選手のペナルティゴール(PG)も連続で決まり序盤からイングランドを引き離す。

66分にはマカゾレ・マピンピ選手がトライ。これは南アフリカがW杯決勝で決めた史上初のトライとなった。

過去に南アフリカが優勝した決勝戦を振り返ると、1995年大会では双方ノートライの延長戦にジョエル・ストランスキーさんのドロップゴールで勝ち越し、2007年大会もイングランドと双方ノートライの神経戦になったがPGの差で制している。

チェスリン・コルビのトライは日本代表も唸らせる

そして、試合を決定づけたのが74分に飛び出したチェスリン・コルビ選手のトライ。

右サイドでボールを受けたコルビ選手は、華麗なステップワークでイングランドのディフェンスを切り裂いた

今大会は足首の故障に悩まされてきたコルビ選手だが、世界一を決める大舞台で持ち味でもある『魔法の足』を披露した。

このシーンには、日本代表の山中亮平選手も「あそこ取り切るのホンマにすごい。すごすぎる。コルビ半端ない。すいません。興奮してます」と唸った。

≪関連記事≫

南アフリカの3度目の優勝に国民も大歓喜 「W杯優勝で国をひとつに」と戦ってきた代表チーム

リッチー・マコウとリーチ・マイケルの共演に「オールブラックスと日本のレジェンド」 W杯トロフィー授与に登場

南アフリカ代表 チェスリン・コルビ「最高の誕生日になった」 決勝戦では『魔法の足』に期待

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします