紀平梨花、全日本選手権では初優勝を目指す スポンサーのレッドブルも応援

第88回全日本フィギュアスケート選手権が開幕した。今大会は2020年3月にカナダ・モントリオールで開催される世界選手権の最終選考会を兼ねている。

注目は初優勝を目指す紀平梨花選手。四大陸選手権やグランプリファイナルでの優勝経験を持つ紀平選手だが、全日本選手権では昨年の2位が自己最高成績だ。

フリーでの4回転ジャンプにも注目

女子フィギュアスケートには4回転ジャンプ時代の波が到来している。昨季の紀平選手は3回転アクセルを武器にグランプリファイナル制覇まで駆け上がったが、今季は4回転ジャンプや3回転アクセルなど難度の高いジャンプを組み合わせるロシア勢が躍進

時代の流れについていこうと紀平選手も、グランプリファイナルで4回転サルコーを跳んだ。結果は転倒してしまい4位だったが、演技後には「挑戦して良かった」と手応えを口にした。

全日本選手権の紀平選手は19日のショートプログラムで73.98点をマーク。21日に行われるフリーに4回転ジャンプを入れてくるかが注目される。

(c)Getty Images

紀平梨花をレッドブルも応援

初の全日本制覇に向かう紀平選手を、同選手のスポンサーであるレッドブルも応援。12月19日の夕方にツイッターを更新して「#全日本フィギュア 開幕 初優勝を狙う 我らが #紀平梨花 選手を応援しよう」と投稿した。

紀平選手とレッドブルは2018年からスポンサー契約を結んでいる。11月のNHK杯でアイスショーに出演した際には、トークショーで「好きな飲み物は?」と質問され、「レッドブルです!」と回答。

公共放送のNHKは放送法で他社の営業広告を禁じられている。そのため商品名を出した紀平選手に司会者が困惑する一幕もあった。

≪関連記事≫

紀平梨花、羽生結弦とのツーショットを公開 グランプリファイナル進出を決めた男女のエース

紀平梨花、イメージを変えた新衣装に注目が集まる NHK杯ショートプログラムは2位発進

羽生結弦、紀平梨花がNHK杯会場入り グランプリファイナル進出も懸かった大一番

紀平梨花ってどんな選手?昨季シニアデビューで大ブレイク GPファイナル初出場で優勝の偉業を達成

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします