野村祐輔、安部友裕、小窪哲也がファン感謝ディナーショー 菊池涼介のエピソードも「菊は常に明日をみてる」

広島カープの野村祐輔投手、安部友裕選手、小窪哲也選手が12月26日、ファン感謝ディナーショーに参加した。

27日にインスタグラムを更新した野村投手は、3選手と司会進行の吉田ちさこさんで撮影した写真をアップ。「来てくださった皆さん、ありがとうございました!」と来場したファンに感謝を綴った。

野村投手と安部選手は同じ日に同じ病院で生まれた不思議な縁を持っている。安部選手によれば「40分違いくらい」とのことで、ほぼ同時に生まれた2人がカープを支える。

今季のオフにはフリーエージェント(FA)権を取得した野村投手が行使するか注目された。しかし、野村投手は広島残留を選択。来季は再び広島で優勝を狙う。

 

この投稿をInstagramで見る

 

来てくださった皆さん、ありがとうございました!^_^ 楽しかったです😁

野村祐輔(@nomura19yusuke)がシェアした投稿 –

今オフは主力の流出なく来シーズンへ

今オフは野村投手以外にもFA権を取得した會澤翼選手、ポスティングでのメジャーリーグ挑戦を表明した菊池涼介選手の動向が注目されてきた。だが會澤選手は早々に残留を宣言し、菊池選手も「FA市場の動きが遅い」とメジャー移籍を断念。広島と複数年契約を結んで残留した。

菊池選手の残留は戦力面外でもチームにいい影響をもたらす。吉田さんはディナーショー後に更新したツイッターで、負け試合後のロッカーでも菊池選手は1人だけ明るいという安部選手のトークを紹介。

安部選手は「菊は常に明日をみてる」と前向きな菊池選手の姿勢を讃えた。

≪関連記事≫

広島・菊池涼介がメジャー挑戦を断念 ファンは心境を慮るも残留を喜ぶ

菊池涼介、ロサンゼルスで前田健太とツーショット ファンからはメジャー挑戦を後押しの声

ひさびさ!新井貴浩と菊池涼介の“兄弟”2ショット披露にファン歓喜

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします