パトリック・マホームズのスーパーボウル進出をメッツも祝福 父親はベイスターズにも所属した元プロ野球選手

現地1月19日、米国プロフットボール(NFL)のカンファレンス決勝が行われた。アメリカン・カンファレンスはカンザスシティ・チーフステネシー・タイタンズを35-24で破り、50季ぶりのスーパーボウル進出を決めた

試合後にメジャーリーグのニューヨーク・メッツが、クォーターバック(QB)としてチーフスの攻撃を牽引したパトリック・マホームズ選手に祝福ツイート。

マホームズ選手の父親パット・マホームズさんは、かつてメッツや日本の横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)などでプレーした元プロ野球選手だ

日米でプロ野球選手としてプレー メッツ時代はポストシーズンも経験

パットさんは高校時代に野球、バスケットボール、アメリカンフットボールを経験し、1988年のMLBドラフト6巡目でミネソタ・ツインズに指名された。

ツインズとボストン・レッドソックスで先発投手を務めたあと、1997年途中に横浜と契約。1998年シーズン終了まで在籍した。

メジャー復帰後はリリーフとして起用され、1999年には39試合で防御率3.68、8勝0敗の成績を残し、メッツのポストシーズン進出に貢献している。

パット・マホームズさん (c)Getty Images

フットボールを選んだ息子は「正しい選択をした」

2018年に全国紙USAトゥデイが『NFLで最もホットなクォーターバックはMLBのクラブハウスで育った』と、マホームズ選手を特集した際には、パットさんもインタビューに答え「息子にフットボールをやらせたくなかった」と話している。

「野球は息子の人生の大半を占めていましたし、彼はバスケットボールもやっていました。その2つが彼のスポーツでした。私は息子にフットボールをやらせないようにしてきましたが、高校2年生のときクォーターバックをやりたいと言い出したんです」

(c)Getty Images

パットさんは少し間を置き、深呼吸してから「息子は正しい選択をした、と認めなければならない」とつぶやいた。

自身もフットボールを経験したパットさんは、激しい衝突が避けられないスポーツを選んで欲しくなかったようだが、NFLで大活躍するマホームズ選手を誇らしく思っている

私は私の現役生活を誇りに思っていますが、息子はもう私を追い越して行ったと言わざるを得ませんね

≪関連記事≫

NFL・チーフスが50年ぶりのスーパーボウル進出 パトリック・マホームズは「だけどまだ終わりじゃない」

筒香嘉智が入団会見「ヨシと呼んでください」 入団の裏には首脳陣からの熱烈なアプローチ

筒香嘉智と契約のタンパベイ・レイズ 過去には長い低迷期も、チーム名変更とともに変貌

山﨑康晃、“ホスト界の帝王”ROLANDと同級生だった 東克樹も交えたスリーショットを公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします