競歩・鈴木雄介が『東京VICTORY』に出演 “世界で最も速く歩く男”に迫る

(c)Getty Images

1月25日放送のTBS『東京VICTORY』に男子競歩の鈴木雄介選手が出演する。

2015年に20キロ競歩の世界新記録を樹立し、2019年には世界陸上の50キロ競歩で優勝した鈴木選手は『世界で最も速く歩く』アスリート。

番組では鈴木選手が最もこだわっている「きれいなフォームで歩くこと」に注目。国際大会でも反則で2割近くの選手が失格するなか、競歩を始めた中学生のころから今まで1度も失格がない鈴木選手の歩きに迫る。

放送は1月25日(土)、朝7時から。

「最も過酷な競技」とも称される競歩

競歩がオリンピックの正式種目になったのは1908年ロンドン五輪から。歩く速さを競う競技のためレース中は歩き方が厳しく審査される

常に左右どちらかの足が地面に接していなくてはならず(ロス・オブ・コンタクト)、前に振り出した脚が地面についてから腰の真下に来るまで、膝が曲がってはいけない(ベント・ニー)。

レース中に3人以上の審判員から違反の警告(レッドカード)を受けると失格になる。選手も歩型には気をつけているが、スピードを上げようとすると駈け出したくなる。そこをグッと堪えてゴールまで歩き続けるのが競歩だ

歩くといってもそのスピードは想像以上に速い。フランスのヨアン・ディニス選手が持つ男子50キロ競歩の世界記録3時間32分33秒を、マラソンの42.195キロ地点での記録に置き換えると約3時間。

フルマラソンを3時間以内で走るランナーは、大型の大会でもごくわずかしかいない。このスピードを保ったまま歩き続ける競歩は「最も過酷な競技」とも称される。

(c)Getty Images

≪関連記事≫

桐生祥秀のYoutubeチャンネルが好評 走りの悩みに答える『教えて桐生選手』

桐生祥秀、GoProを付けて走ってみた動画を紹介 「9秒台の人間が見る世界」に驚きの声

小池祐貴が子供たちに速く走るコツを伝授 “走ることの楽しさ”も伝える

設楽悠太がMGCを終えて語った言葉 残り1枠への道のり

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします