満票殿堂入りを逃したデレク・ジーターの“本当の価値”

デレク・ジーター……、その名を知らぬニューヨーク市民はいない。

プロスポーツ選手が高額年俸や高待遇を求めフリーエージェントでの移籍が当たり前となった21世紀において、デビューから引退までニューヨーク・ヤンキースの主力として選手生活を送った彼は、資格取得1年目にして99.75%という野手最高得票率で野球殿堂入りを果たした

アメリカでは殿堂入りそのものがニュースになるよりも、投票しなかった0.25%となるひとりの記者が「いったい誰なのか」が大きく報じられ、ちょっとした騒動になっている。ジーターさんの殿堂入りがあまりにも当然とされているからに他ならない。

≪文:たまさぶろ●スポーツ・プロデューサー、エッセイスト、BAR評論家≫

アメリカ人のロールモデル 誰からも慕われた人格者

選手としての実績だけが評価されたのではない。自分に甘く他人に厳しい(失礼!)ニューヨーク市民から批難されることない人間的な魅力……、それはジーターさんの存在価値に崇高ささえ付与している。

同時代にニューヨークに住んでいた者として、ジーターさんがメディアに叩かれた記事を目にするっことはそうそうなかった。

伊良部秀輝さんやアレックス・ロドリゲスさん……、時として監督のジョー・トーレさんさえやり玉に上がっていた記事を振り返ると、ジーターさんのそれは皆無という表現にしがみつきたくなるほどだ。

ジーターさんが球界随一の伝統球団のリーダーであり、生粋のアメリカ人で、黒人でもあり白人でもあり、また現役時代は独身を貫いた点も、その全米的な人気の要因だっただろう。

負け試合でも記者の質問にはとことん答え、自身の記録には固執しない。チームの勝利こそが目的。彼はシーズン200安打を8度達成しているが、200安打試合のボールの行方にさえ頓着せず、あのイチローさんに「ジーターはすごい」と言わしめたのは、有名なエピソードだ。

(c)Getty Images

ちなみに米『GQ』誌による『もっともモテる独身男性』(best bachelor)に選ばれたのは1度や2度ではなかったと記憶している。

マライア・キャリーさん、スカーレット・ヨハンソンさん、ジェシカ・アルバさん、タイラ・バンクスさん、ミス・ユニバース……、その浮名に上がった著名人にも枚挙がない。引退後、生涯の伴侶としたのも『スポーツ・イラストレーテッド』誌の表紙を飾ったモデルのハンナ・デービスさんだった。

殿堂入りの得票率トップ10を眺めると、昨年史上初の満票で選出されたマリアノ・リベラさん以下、2位にジーターさん、3位がケン・グリフィー・ジュニアさん、以下トム・シーバーさん、ノーラン・ライアンさん、カル・リプケン・ジュニアさん、タイ・カッブさん、ジョージ・ブレットさん、ハンク・アーロンさん、トニー・グウィンさんと、カッブさん以外は人格者とされた選手ばかりだ。

ジーターさんは、ニューヨーカーの、アメリカ人のロールモデルだった。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします