稲垣啓太が刀でキャベツを速切り 吉沢亮と『マイナビバイト』新CMで共演

株式会社マイナビが運営するアルバイト情報サイト『マイナビバイト』(https://baito.mynavi.jp)は、2020年2月1日よりラグビー日本代表の稲垣啓太選手と、俳優の吉沢亮さんを起用した新CM『バイト探しサムライ お先篇』を全国で放映する。

第2弾となる今回、吉沢さんは前作に引き続きバイトを探して街をさまよう『バイト探しサムライ』役、稲垣選手は猛スピードでキャベツを千切りする『千斬りの武蔵』役を演じた。

『マイナビバイト』のCMでお馴染み、ロックバンド『忘れらんねえよ』の『マイナビバイトの歌』に乗せて、スピード感溢れる、明るくコミカルなCMになっている。

CMの公開を記念し、2月1日より抽選で100名に『マイナビバイトオリジナルQUOカード』500円分、そのうち10名には『吉沢亮さん直筆サイン入りクリアファイル』がセットで当たるキャンペーンを実施する。

『バイト探しサムライ』お先篇(15秒)CMストーリー

バイトを探して町をさまよう、吉沢亮さん演じる『バイト探しサムライ』。

自分のスキルを活かせそうな『速斬りのバイト募集』の立て看板を発見。これこそ自分が求めていたバイトだ!と早速お店に面接へ行ったものの、稲垣啓太選手扮する『千斬りの武蔵』がすでに採用されていた

店主の視線の先では、華麗な剣さばきでキャベツの千切りをこなす武蔵。悔しがるバイト探しサムライに向かって、マイナビバイトのロゴが映し出されたスマートフォンを片手に「お先」と余裕の表情を浮かべる。

そして最後は、荒々しい表情で「またマイナビバイトの仕業かー!」と叫ぶバイト探しサムライでCMの幕を閉じる。

『バイト探しサムライ』お先篇 撮影エピソード

演技初挑戦ながら役に入り込んでいた稲垣啓太

キャラクターを演じるCM出演は初めての稲垣選手。初めてとは思えないほど、堂々と『千斬り武蔵』を演じた。

本格的な時代劇の衣装での撮影だったので、「普段の自分とは全く違うので、新鮮です」と撮影を楽しんだ様子。

刀二本を使ったキャベツの千切りシーンにトライすると、たくましい腕の筋肉を活かしたダイナミックな千切りに、スタッフからも「おー!」という感動の声があがった。

撮影の合間は、稲垣啓太の貴重な話に興味津々の吉沢亮

撮影の合間は、昨年稲垣選手が大活躍した日本代表でのエピソードアスリートの体調管理方法など、普段は聞くことができない貴重な話に吉沢亮さんも興味津々で、トークに花を咲かせていた

2月1日が誕生日の吉沢亮 稲垣啓太からサイン入りラグビーボールのサプライズ

CM放映開始の2月1日に26歳の誕生日を迎える吉沢亮さん。サプライズで稲垣選手から直筆サインとメッセージ入りのラグビーボールがプレゼントされると「めっちゃ嬉しい!見てくださいこれ!」とボールを眺めながらとても喜んでいた。

出演者インタビュー

撮影後には稲垣選手、吉沢さんへのインタビューも行われた。

お互いの第一印象を聞かれた稻垣選手は「かっこいい、の一言に尽きますね。何度も撮影されている映像を見させていただいたのですが、『うわ、かっこいい』と何度も見ました」と吉沢さんの印象を語る。

吉沢さんは「第一印象はでかい。武蔵役でしたが、実際武蔵ってこんな人だろうなっていうくらいの迫力というかオーラがめちゃくちゃありました」と稻垣選手の体格に驚いた。

吉沢さんから「ラグビーは世界の選手たちとぶつかり合う競技だと思うのですが、恐怖心はないですか?」と稻垣選手へ質問する時間もあった。

相手に対する恐怖心はないです。ただ、大きい大会や試合の前にプレッシャーはどうしても感じてしまうので。緊張とは少し違うんですけど、まずは自分がプレッシャーを受けていることを自覚して、それを受け入れた先にはねのける対策が打てると思っています

今まで培ってきた技術だったり能力だったりが、プレッシャーによって100%発揮できなかったシーンを何度も見てきているので、それだと寂しいじゃないですか。どうせだったら自分が培ってきた能力を全て出したいと思うので、やっぱりプレッシャーに対してどう立ち向かうかっていうのはいつもテーマとして持っていますね

出演者プロフィール

稲垣啓太(いながきけいた)

生年月日:1990 年6 月2 生まれ(29歳)

出身地:新潟県

特技:ラテアート

2013年、関東学院大学卒業後、パナソニックワイルドナイツに入団。

2019年にはラグビーW杯2019の日本代表に選出され、史上初のベスト8進出に貢献。この大会での日本代表の快進撃は、日本中に一大ムーブメントを巻き起こし、象徴とした言葉「ONE TEAM」は流行語大賞にも選ばれた。

吉沢亮(よしざわりょう)

生年月日:1994年2月1生まれ(25歳)

2009年デビュー。以降、2011年『仮面ライダーフォーゼ』などで注目を集める。

2018年に映画『ママレード・ボーイ』『銀魂』など数々の話題作に出演。『リバーズ・エッジ』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2019年はNHK連続テレビ小説『なつぞら』、映画『キングダム』に出演。今後も『一度死んでみた』『さくら』など複数の待機作あり。

2021年に放送されるNHK大河ドラマ(第60作)『青天を衝(つ)け』では主演を務める。

≪関連記事≫

松島幸太朗「まだまだこのチームは成長できる」 神戸製鋼に逆転負けも前向きに

徳永祥尭、後輩のトップリーグデビューを祝う 東芝は開幕3連勝

名古屋市のカフェが稲垣啓太のラテアートを公開 「至高のアート」と本人も絶賛

稲垣啓太「最高の時間でした」 ラグビー日本代表が感謝パレード

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします