新井貴浩が「インタビュー ここから」に出演 現役時代を支えた“猛練習”を振り返る

2月11日放送の『インタビュー ここから』に元プロ野球選手・新井貴浩さんが出演する。今回のテーマは「猛練習」。

通算2203安打の記録を残し、2005年にホームラン王、2011年には打点王のタイトルも獲得。

2016年にはセ・リーグ史上最年長でのMVPも受賞した新井さんだが、アマチュア時代は飛び抜けて評価の高い選手ではなかった。

ドラフト6位の下位指名でプロ入りした新井さんを支え、成長させたのは猛練習。番組では練習への取り組み方や思いを新井さんが振り返る。

3連覇を達成した本拠地では「ここだけは嬉しかった思い出の方が多い」

番組公式ツイッターにアップされた予告動画では、新井さんが昔を懐かしみながらバットを握る様子や、カープの本拠地マツダスタジアムの打席に立つ姿が確認できる。

「楽しかったですね。昔を思い出しました」と再訪を喜ぶ新井さん。懐かしの練習施設は「嬉しかったこと、楽しかったことより、苦しかったことのほうが思い出に残ってますよね」と遠くを見るように語る。

リーグ3連覇を達成し、現役最後の打席にも立ったマツダスタジアムでは「ここのマツダスタジアムだけは、嬉しかった思い出のほうが多い」と笑顔になった。

放送は2月11日(火) 6:30~ NHK総合

≪関連記事≫

パラ陸上・井谷俊介が中日ドラゴンズの練習場に登場 又吉克樹とのツーショットも

ジェフ・ウィリアムスが阪神の春季キャンプを訪問 中継ぎとして2度のリーグ優勝に貢献

中日の黄金期を支えた“アライバ”が復活 井端弘和のYoutubeチャンネルで共演

近本光司が地元・淡路市のファンを阪神戦に招待「応援しにきた方達の、一生の思い出に」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします