トンプソン・ルークが『バース・デイ』に出演 家族と挑んだ現役最後のシーズンに密着

2月15日放送の『バース・デイ』に元ラグビー日本代表トンプソン・ルークさんが出演する。

日本中が熱狂した『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』にも日本代表として出場。4大会連続のW杯で身体を張り続けた38歳の鉄人は、今シーズンを最後に現役を引退した

番組では家族一丸で挑んだ現役最後のシーズンに密着する。

放送は2月15日(土)17:00から、TBS系。

引退後はニュージーランドで農場経営

(c)Getty Images

トンプソン選手はラグビー王国ニュージーランドの出身。幼少期はサッカーをプレーしており、ラグビーを始めたのは13歳からだったが、すぐに州代表に選ばれ活躍した。

2004年にジャパンラグビートップリーグの三洋電機ワイルドナイツ(現・パナソニックワイルドナイツ)に入団。2006年に移籍した近鉄ライナーズで引退するまでプレーした。2010年には帰化して日本国籍も取得している

引退後は故郷ニュージーランドに戻り農場を経営する予定だが、同時に近鉄のアドバイザーに就任してチームの強化やPR活動にも携わっていく。

放送概要

昨年日本中が熱中したラグビーワールドカップ。日本代表の躍進を支え続けた男、ラグビー王国ニュージーランドからやってきた、トンプソン ルーク38歳。この男は10年前、日本国籍を取得し、日本の為に体を張り続けてきた。だが、彼は決してずっとスター選手だった訳ではない。さらに、愛する娘に襲った突然の悲劇…。数々の苦難に見舞われながらも、家族一丸で乗り越えてきた。

そんな男が挑む、現役最後のシーズン。日本を愛し、日本に愛され続けた男のノーサイドゲームを追った。

引用:https://www.tbs.co.jp/birth-day/

≪関連記事≫

トンプソン・ルークが現役最終戦で有終の美 「16年前からいままで応援してくれた。本当に感動します」

リーチ・マイケルと江口洋介が乾杯「これからもラグビーで日本に恩返ししたい」 トンプソン・ルークもサプライズ出演

トンプソン・ルーク「家族と過ごす時間は最高」 今季が現役最終年

トンプソン・ルーク、最後のW杯は「ちょっと寂しい」 福岡堅樹も15人制代表を引退

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします