日本ハム・近藤健介、今シーズンはフル出場での首位打者を目指す「しっかり活躍してリーグ優勝、日本一に」

北海道日本ハムファイターズの安打製造機・近藤健介選手が新シーズンに懸ける意気込みを語った。

春季キャンプ中の近藤選手がインタビューに登場。ロッカールームで個人目標チームとしての目標、そして打順へのこだわりを答えている。

フル出場で打率3割5分 首位打者で日本一に貢献が目標

近藤選手は2011年ドラフト4位で日本ハムに入団。2017年には規定打席未達ながら打率.413、出塁率.567のハイアベレージを残した。

昨年、一昨年は2年連続で打率3割超え。2019年は優れた選球眼で103個の四球を選び最高出塁率(.422)もマークした。

捕手として入団した近藤選手だが、その打棒を生かすためプロ入り後は外野手での起用が多い。今シーズンは栗山英樹監督からも「外野に専念して首位打者を」と指令が下った。

昨シーズンは自己最多の138試合に出場。主に3番を任されたが、4番や5番で出場することもあった。

今シーズンは「3番がいい。やりがいもある」と希望。出場数もさらに増やしてフル出場を目指す。

143試合出て首位打者獲りたいなと思ってます。打率は3割5分、打点も70から80ぐらいを目指してやっていきたいなと思います。しっかり活躍してリーグ優勝、日本一になりたいなと思っています」

≪関連記事≫

楽天・松井裕樹が今季の活躍を誓う 2014年以来の先発復帰

阪神・梅野隆太郎がチームを引っ張る決意を語る「勝つためにはリーダーシップを」

追悼・野村克也、「月見草」の功績を感謝とともに振り返る

広島・西川龍馬が打率3割へのこだわりを語る「そこは毎年、最低の目標」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします