女子バレー日本代表主将・荒木絵里香 母としての一面、木村沙織が紹介

女子バレーボールの荒木絵里香選手(トヨタ車体クインシーズ)は、今年1月に発表された日本代表登録選手で主将に指名された。29人が選ばれた登録選手から、最終的に東京五輪では12人まで絞られる。

荒木選手がオリンピックに初出場したのは2008年の北京大会。そこから2012年のロンドン五輪、2016年のリオ五輪と3大会連続で代表に選出安定感あるプレーが歴代の代表監督から信頼を得た。

小学生になった娘に東京五輪の試合を見せたい

35歳になったいまも第一線で戦い続ける荒木選手は、2014年に女児を出産した母親でもある。常々「小学生になった娘に東京五輪の試合を見せたい」と、長女の存在がモチベーションになっていることを口にしてきた。

全日本でチームメイトだった木村沙織さんは、東京五輪に向けて意気込む傍ら、娘と過ごす時間が減ることを寂しがる荒木さんの姿をインスタグラムに載せた。

「東京オリンピックに向けてバリバリ気合い入ってる傍らお家ではママだし もっとママしたいえりかさんの葛藤と姫もママを応援しながらも我慢してるなーってところが垣間みえた」

五輪イヤーの日本代表ともなれば長期の遠征は避けられない。写真では母親と離れる寂しさを訴える子供と、断腸の思いで「ママ頑張ってくるね」と娘をハグする荒木さんの姿が見える。

みんなの協力と応援があって いろんな状況を乗り越えながら頑張ってるんだなーって思ったら ほんとに感動しちゃって」と木村さん。

えりかさん大暴れしてね!! みーんなで応援してます

 

この投稿をInstagramで見る

 

. ロンドンオリンピックぶりに えりかさんが日本代表キャプテンに🥺🇯🇵 ( 誰もが知ってる情報w ) . 東京オリンピックに向けて バリバリ気合い入ってる傍ら . お家ではママだし もっとママしたいえりかさんの葛藤と 姫もママを応援しながらも我慢してるなーってところが垣間みえたり みんなの協力と応援があって いろんな状況を乗り越えながら頑張ってるんだなーって思ったら ほんとに感動しちゃって。 . えりかさん大暴れしてね!! みーんなで応援してます🥰🥰 . . #ママ行っちゃうの?って大粒涙寸前の1枚め #ママ頑張ってくるね🥺の2枚め @erika_araki_official

kimura saori(@saoriiiii819)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

狩野舞子、クリスマスは白川悠衣と過ごす「私たち息合いすぎちゃう?」

佐藤あり紗が姉との幼少期ツーショット 「蟹の服着てるのが一番面白い」

JTマーヴェラス選手たちが「バレーボール部員なら誰もがやった遊び」に本気で挑戦 スゴ技の数々は必見

古賀紗理那、オフショットを添えてファンへの感謝を伝える 「応援ありがとうございました」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします