紀平梨花、姉とともにカナダ入り 世界選手権では昨季の雪辱誓う

フィギュアスケートの世界選手権が3月16日からカナダ・モントリオールで開幕する。

女子シングルには日本から紀平梨花選手が出場する。紀平選手はカナダ入りして準備を進めている。その傍らには姉・萌絵さんの姿もあった。

紀平選手は8日にインスタグラムを更新。萌絵さんとのツーショットを載せ「なんと実はお姉ちゃんも一緒にカナダへ来てます」と2枚の写真を公開した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なんと実はお姉ちゃんも一緒にカナダへ来てます🇨🇦🥰💕 #紀平萌絵 #紀平梨花 #rikakihira

Rika Kihira 紀平梨花(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

昨季はミスが続いて4位 今年はミスなしの演技を

今シーズンの紀平選手はオータムクラシック全日本選手権四大陸選手権チャレンジカップで優勝。四大陸選手権では冒頭のジャンプにミスが出ながら、後半の演技構成を変える冷静さで大会初の連覇も達成した。

紀平選手の世界選手権出場は2年連続。シニア1年目の昨シーズンはショートプログラムでトリプルアクセル(3回転半)にミスが出て7位発進。フリースケートでもトリプルアクセルで転倒してしまい4位に終わった。

2月のチャレンジカップ後には「昨年はミスがあって、そういう順位になってしまった。今回はミスなしを目指したい」とコメント。会心の演技でメダルを狙う。

≪関連記事≫

坂本花織、四大陸選手権の結果に悔しさも シーズン最終戦に向け「笑顔でおわれるように」

カレン・チェン、会心の演技は「これ以上ないシーズンの終わり方」

紀平梨花が四大陸選手権優勝 アクセル失敗も後半の3回転ジャンプを増やしてカバー

アリョーナ・コストルナヤが欧州選手権優勝 『ロシア3人娘』がまたも表彰台を独占

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします