FPSからスポーツゲームまで ゲーム大好き林翔太郎(Bリーグ川崎)【アスリートの素顔】

以前にご紹介した千葉ジェッツふなばしの西村文男(にしむら・ふみお)選手のように、プロスポーツ界には時折びっくりするほど”ガチすぎる”ゲーマー選手がいる。

>千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件

先日インタビューした川崎ブレイブサンダース林翔太郎(はやし・しょうたろう)選手も、話を伺ってみると実は大のゲーム好きということが判明した。本連載ではスポーツ界に存在するゲーマー選手たちを紹介していきたいと思う。

「予定がなければ部屋でずっとゲームしてたい」

林選手は川崎ブレイブサンダースに所属する、プロバスケットボール選手。194cmの長身とさわやかな笑顔が魅力的な、売出し中の若手SF(スモールフォワード)だ。そして、かなりのゲーム好きである。林選手がゲームをやるようになったのは、姉がポケットモンスターをやっていたことがきっかけという。

――持っているゲーム機と、最近プレーしているゲームを教えて下さい

林翔太郎選手(以下敬称略):「最近は主にPlay Station 4、Nintendo Switchで遊んでいます。Nintendo 3DSも持っています。いつもやっているのはFPSで、今は『レインボーシックスシージ』で遊んでいます」

撮影:戸嶋ルミ

林:「高校生の頃からFPSをやっていて、ずっと『Call of Duty』をやっていたんですが、大学に入ったら寮にネット環境がなくてできなくなってしまって……大学の4年間我慢していました(笑)こっちに来てからまた再開しようと思ったんですが、先輩にレインボーシックスシージを勧められて。始めたらハマってしまって、もう3年間くらいやっています」

――一緒にプレーする“ゲーム仲間”の選手はいますか?

林:「今はネット環境が整っているので、地方に住んでいる人とオンラインで一緒にプレーしたりしますね。お休みの日の夜の時間はゲームをすることが多いんですが、いつも同じ人(※1)とやっています。シージは最初フレンドが4人くらいしかいなかったんですが、最近はちょっと増えて8人くらいになったので、フレンドだけで組んでやってます。すごい楽しい……

※1:元・川崎ブレイブサンダースの小澤智将(おざわ・ともまさ、現在は広島ドラゴンフライズに所属)選手のことらしい

――レインボーシックスシージの魅力はどんなところにありますか?

林:「戦略的なところですね。ネットや動画で調べて勉強して、マップやオペレーターの相性を覚えて、結構真剣ですよ(笑)動画では兄者弟者さんや、世界大会の動画も観ます。FNATIC(フナティック)、G2The Empireとか……(※2)」

※2:FNATIC(フナティック)、G2 Esports、The Empireはどれもレインボーシックスシージのプロゲーミングチームの名称

林選手は先日行われたレインボーシックスシージの世界大会『Six invitational 2020』も観たとのこと。ゲーム好きとは聞いていたが、結構なガチ勢であることは理解できた。

パワプロ・プロスピのやり込みエピソードに一同驚愕

撮影:戸嶋ルミ

――クラブ公式プロフィールの好きなゲームの欄には”パワプロ”とありますが、スポーツゲームもお好きなんですね。

林:「スポーツのゲームは『ウイニングイレブン』シリーズ、『NBA 2K』シリーズは以前からやっていました。『パワプロ』『プロ野球スピリッツ』シリーズはずっとやってます。パワプロは確か高校生の頃に始めたかな。PSPでずっとサクセスをやっていて、大学生になってからは主にスマホアプリですね」

撮影:戸嶋ルミ

林:「プロスピも高校のときにPS3でやってました。最近は、パワプロもやりますけどプロスピメインでやってます。北海道出身なので、ゲームでは北海道日本ハムファイターズでプレーしてます」

他にも、「栄冠ナインを10何年くらい続けてやっている」「シーズンを通して全試合プレーする」「試合中はオートにしないで1回から9回まで全部手動で操作する」など、やり込みエピソードが続々と飛び出した。繰り返すが、この人はプロバスケットボール選手である。

――ゲームや野球・サッカー好きな人にバスケットの魅力を伝えるとしたら、どんなふうに説明しますか?

林:「バスケは点取りゲームで展開が早いので観ていて楽しめると思います。狭いコートの中で身長2メートル近い選手がずっと走り回っているので、迫力がありますよ。ぜひアリーナに来て観てもらえたらと思います!」

プロスポーツ選手と言えばアクティブなイメージを想像しがちだが、中には林選手のようにゲーム大好きな人もいる。FPSやパワプロ・プロスピが好きで、プロバスケットボール観戦に興味を持っている人が居たら、ぜひ林選手をオススメしたい。同じゲームを嗜む選手がアリーナでどう躍動するのか、現地で観戦・応援してみてはいかがだろうか。

写真・文:戸嶋ルミ

選手プロフィール

林翔太郎ツイッターインスタグラム

  • 最近はポケモン剣盾でひたすらレート対戦をしている(本人談)
  • シージの前は『モンスターハンター:ワールド』をやっていた
  • プロ野球好き。ホームゲームのイベントに出演してくれた縁から、横浜DeNAベイスターズの山﨑康晃投手を応援。地元北海道出身の砂田毅樹投手(横浜DeNA)にも注目している。

~競技からプライベートまで一問一答~

林選手の競技に関することからプライベートまで様々な質問をぶつけたインタビュー動画はこちらから。

≪関連記事≫

プロバスケ選手の一日の過ごし方 ~Bリーグ川崎・林翔太郎の場合~

「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり

【Bリーグマスコット図鑑 #01】ジャンボくん(千葉ジェッツふなばし)

千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件

千葉ジェッツふなばし・田口成浩が叶えた始球式の夢 その裏側を本人が独占告白

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします