松田瑞生、女子マラソン五輪内定ならず 「また笑顔をお見せできるよう頑張ります」

(c)Getty Images

東京五輪女子マラソン代表の最後の1枠を争う選考レース「名古屋ウィメンズマラソン」が3月8日に行われ、一山麻緒選手が日本歴代4位2時間20分29秒優勝。1月の大阪国際女子マラソン松田瑞生選手が記録した2時間21分47秒大幅に上回った

一山選手は、さいたま国際、大阪国際女子、名古屋ウィメンズの3レースで設定記録2時間22分22秒を切り、なおかつ最速タイムだった1名を五輪代表に内定するとした日本陸連の基準を満たし、3人目の女子マラソン代表の座を射止めた。

大阪国際で設定タイムを切り、名古屋ウィメンズマラソンの結果を待っていた松田選手はレース後、ツイッターを更新して心境を綴った

また笑顔を見せるまで「ちょっと時間がかかるのは正直な気持ち」

(c)Getty Images

地元・大阪で挑んだ五輪切符。沿道の声援に支えられ、ハーフマラソンで日本記録を出したばかりの新谷仁美選手がペースメーカーを務めたこともあり、松田選手は日本歴代6位(当時)の好記録でゴールした。

それでも東京五輪には手が届かず「自分の力の無さを痛感しました」と松田選手。家族からは「瑞生、納得してんのか?ここで辞めるのは勿体ないんちゃうか?また挑戦しよや!美味しいもん食べよ!」と声をかけられた。

「期待に応えれずすみませんでした。また笑顔をお見せできるよう頑張ります」と綴った松田選手だが、直後に「とは言っても、ちょっと時間がかかるのは正直な気持ち…かも?笑」とすぐには心の整理がつかない様子。

ファンの温かい声に感謝しながら締めくくった。

≪関連記事≫

一山麻緒が名古屋ウィメンズマラソン優勝、五輪代表に内定「夢みたいです」

再び「東京がひとつになる日」を 東京マラソンがここまで育つまで

大迫傑、MGCでの敗北から駆け抜けた道のり 自身2度目の日本記録更新

大迫傑、悔しさをプラスに変えて日本記録更新 ライバルたちとの激闘は「今後も含めて価値のあること」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします