添田豪、試合がない日々にも「ネガティブになり過ぎず」 選手会としては「国内で出来る何かを」

男子テニスの添田豪選手は、自らが会長を務める男子プロテニス選手会のインスタグラムを更新した。

こんにちは選手会、会長の添田豪です」の書き出しから始まり「現在、テニスのツアーがキャンセルになり日本でゆっくりと過ごしています」と新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合がない日々の過ごし方について触れた。

添田選手は子どもとテニスで遊ぶ動画をアップ。トスしたボールを子どもが打ち返すと添田選手の顔には笑みが浮かぶ

プロテニス選手の生活は1年の大半をツアー巡りで過ごす。普段ならできないシーズン中の過ごし方に「ネガティブになり過ぎず普段出来ない事を満喫しています!」と前向きだ。

現在は「コロナを少し気にしつつ、警戒し過ぎないぐらいの気持ち」で過ごしているという。

選手会としては「国内で出来る何かを」

選手会長としては3月25日にテレビ電話ミーティングを行う。ここで今後、選手会として何ができるのかを話し合う予定だ。

「海外の試合が無いので国内で出来る何かをして行きたいと思います。また決定したら発表します!」

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは選手会、会長の添田豪です。 現在、テニスのツアーがキャンセルになり日本でゆっくりと過ごしています。 ネガティブになり過ぎず普段出来ない事を満喫しています! 何をしているかというと •朝起きてご飯食べて子供と公園 •庭でトレーニング •庭でパター練習 笑 •部屋の掃除 •家族でテニス •スーパーで買い出し コロナを少し気にしつつ、警戒し過ぎないぐらいの気持ちで過ごしています。 3/25には選手会の理事でテレビ電話ミーティングを実施します。 そこで今後僕らで何を出来るのかを話し合う予定です。 海外の試合が無いので国内で出来る何かをして行きたいと思います。 また決定したら発表します! #テニス選手会 #ネガティブにならずに #ポジティブに過ごそう #大人の長い春休み #と思ってのんびり過ごします #添田豪

男子プロテニス選手会(@jtpu.1221)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

新型コロナウィルスが及ぼした、テニス界への影響

デビスカップ、日本は敗戦 内山靖崇は勝者を称える「エクアドル選手たちのプレーは素晴らしかった」

西岡良仁、世界ランクが五輪圏内の48位に浮上「大きな一歩」

西岡良仁がデビルレイビーチ決勝進出 世界ランク自己最高位更新も確実

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします