トップリーグの残り試合が中止 選手たちは決定に理解「残念ですが仕方ない」

ジャパンラグビートップリーグは3月23日、新型コロナウイルス感染拡大防止に鑑み、ジャパンラグビー トップリーグ2020 第11節以降の全ての試合を中止とし、2020大会の中止を決定すると発表した。

トップリーグ2020は大会途中での中止のため、リーグ不成立となり、順位は決定しない。そのため5月23日から開催予定の「第57回日本ラグビーフットボール選手権大会」に出場する4チームは別の方法で決定することを検討している。

選手たちからは理解の声「健康第一で引き続き気をつけて

大会中止を受けて神戸製鋼コベルコスティーラーズ山中亮平選手がツイッターを更新した。山中選手は中止を報せる神戸製鋼のツイートを引用しながら「残念ですが仕方ないですね」と、落胆しながらも決定を受け入れる。

健康第一で引き続き気をつけていきましょう」と引き続き感染への警戒を呼びかけた。

サントリーサンゴリアスの流大選手も「残念だけど、協会の判断を尊重します」とツイート。今シーズン限りで引退する選手や移籍する選手がいることは心残りとした。

サントリーは松島幸太朗選手が今シーズン限りで退団。フランスリーグのクレルモン移籍を発表している。

≪関連記事≫

山中亮平、サイン転売に粋な“反撃”「メルカリで買うより、ちょっぴりお得です」

稲垣啓太と「あっち向いてホイ」で勝負 笑わない男が「笑わせるじゃないか」

ボーデン・バレットからの挑戦状「週末はトリックショットにチャレンジ」

福岡堅樹が挑む東京五輪までの道 7人制ラグビー代表入りに向けて

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします