ロンドン五輪王者のファンデルバーグが新型コロナ感染を告白 東京五輪の開催可否は早期アナウンスが必要と訴え

競泳のロンドン五輪100メートル平泳ぎ金メダリスト、キャメロン・ファンデルバーグ選手(南アフリカ)が自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスに感染してから14日目までの個人的な体験を基に、6回に分けて考察を巡らせた。

ファンデルバーグ選手は男子平泳ぎ50メートル、100メートルの元世界記録保持者。ロンドン五輪では当時の世界記録を更新して金メダルに輝いた。

「Covid-19は冗談じゃ済まされない」

連続ツイートは「自分自身の体験、アスリートの健康、東京五輪に対してCovid-19罹患の経験から個人的な見解と考察」という文章から始まる。

「今日までの14日間、Covid-19に苦労しています。強い肺を持ち(たばこは吸わない、スポーツ経験あり)、若く(リスクが最も少ない年齢)、健康的であるにもかかわらず、私がいままでに耐えてきた中で最悪のウイルスだ」

ファンデルバーグ選手が「最悪の症状」と呼ぶ高熱は治まったものの「深刻な倦怠感と咳の止まらない状態が続いている。歩いても何時間も疲れ果ててしまう」と身体症状に悩まされている現状を告白。

身体的なコンディショニングの喪失は計り知れない。最後に行ったトレーニングから、コンディションは大幅に失われる。Covid-19に感染することは競技力が最悪になるのと同義だ」

身体的な不調を強く感じるファンデルバーグ選手は、アスリートのためにも東京五輪の開催可否は早めにアナウンスする必要があると考える。

「アスリートは東京五輪に関して何のアナウンスもないため、不必要なリスクにさらされながらトレーニングを続ける。アスリートはダメージから回復するため、急いでトレーニングに戻ろうとするだろう」

最後は「みなさん気をつけてください。健康が第一。Covid-19は冗談じゃ済まされない」と警鐘を鳴らした。

≪関連記事≫

池江璃花子が献血への協力を呼びかけ 新型コロナの影響で献血会場の実施が困難に

萩野公介が夢に向かって挑戦する道のりを描いたWEB動画 「こころの旅」篇が公開

瀬戸大也に向けた作品を書道アーティスト・原愛梨が公開 金メダルを模したデザイン

入江陵介、誕生日を迎え「いやぁ…三十路」 30歳初レースでは好タイムを記録

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします