入江陵介、誕生日を迎え「いやぁ…三十路」 30歳初レースでは好タイムを記録

競泳の入江陵介選手が1月24日に誕生日を迎えた

30歳になった入江選手は「本日1/24 30歳を迎えました! いやぁ…三十路」とインスタグラムを更新。節目を迎えたことにより「もう周りからはおじさん扱いの嵐です。笑」と苦笑いした。

世界選手権銀メダル相当のタイムでバースデーレース優勝

入江選手は24日に北島康介杯に出場し、男子100メートル背泳ぎを52秒59の好記録で制した。昨年7月の世界選手権では6位に敗れた入江選手だが、今回のタイムはそのときの決勝に当てはめると銀メダル(52秒67)相当の記録。

会心の泳ぎに「久しぶりに良い感覚で泳ぐことができ選考会に向けて良い方向に向かってます!」と入江選手も納得の様子。東京五輪出場へ自信を覗かせた

一時は練習拠点をアメリカに置いていたが、泳ぎのバランスが崩れたため今シーズンから日本に戻し、新シーズンに向けて仕切り直してきた

30歳で五輪イヤーを迎えた入江選手にファンは「素敵な1年になりますように」「今年は五輪イヤーで、素晴らしい成績を残して一番高いところにいることを期待して、応援しています」「絶対素敵な年になるはず 選考会も頑張って下さい」とコメントを寄せる。

≪関連記事≫

入江陵介がピアノで『栄光の架橋』を演奏 2004年アテネ五輪のNHK公式テーマソング

競泳・入江陵介の素顔に迫る 公式ファンアプリ『IRIE SWIM TEAM』がリリース

入江陵介の“インスタ映え”を意識した写真に反響「足が長すぎてびっくり」「幻想的で綺麗」

入江陵介、EXILEのライブで興奮しすぎて「フラッグを逆に撮影してしまった…」

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします