八村塁を支えた『テラスハウス』 「あの番組を見ていると、何もかも忘れられました」

ワシントン・ウィザーズの八村塁選手を支えたのは、日本のリアリティ番組『テラスハウス』だった。ニューヨーク・タイムズが伝えた。

『テラスハウス』は、見ず知らずの男女が一緒に暮らす姿を追ったリアリティ番組で、その多くは出演者たちの日常が放送される。

八村選手が同番組と出会ったのは高校時代。当時はチームメイトのなかで八村選手だけが視聴に消極的だったが、見始めたらすぐにハマってしまった。

高校卒業後に渡米した八村選手は不慣れなアメリカ生活でホームシックに陥るが、そのとき支えてくれたのは『テラスハウス』だった。

当時の家庭教師は八村選手の勉強へのモチベーションを上げるために、勉強が終わったら『テラスハウス』を見てもいいというご褒美を用意した。

異国の地でもがく少年にとって番組は至福の一時になった。

あの番組を見ていると、何もかも忘れられました

新型コロナによる外出自粛も『テラスハウス』で乗り切る

(c)Getty Images

現在NBAは新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが中断している。選手たちもウイルスを避けて自宅で過ごす。

この期間に八村選手はテレビゲームをしたり、大好きな『テラスハウス』を見たりして過ごしているという。

番組は僕のストレス解消を助けてくれます。『テラスハウス』は僕の人生ですよ

≪関連記事≫

八村塁、新型コロナ収束後の五輪に期待「母国で素晴らしい祭典になると信じています」

八村塁がラップに初挑戦、バスケのプレー音でビートを奏でる ラッパー・KEN THE 390とのコラボレーションで実現

八村塁、7戦連続の2桁得点をマーク 新型コロナウィルス対策は「みんなで意識」

錦織圭、大坂なおみ、八村塁がCM初共演 “地元民必見”パロディCM32本が同時公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします