NPB選手会が新型コロナ感染拡大防止のために寄付 炭谷銀仁朗「選手会として少しでも力になれれば」

新型コロナウイルスと最前線で戦う医療従事者を支援するため、クラウドファンディングサイト『READYFOR』に「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」が立ち上がった。

この動きを日本プロ野球選手会も支援する。

同基金は新型コロナウイルス感染症対策専門家チーム有志の会が発起人となり、新型コロナウイルス対策に資金を必要としているところへ、いち早く助成するもの。

具体的には医療機関へのマスク手袋感染防止用のガウンなど医療用防具の提供や、新型コロナウイルス感染症対応に関わる人件費に充てられる。

プロ野球選手も実名で寄付

プロ野球選手会の公式ツイッターでは、選手会会長の炭谷銀仁朗選手がビデオメッセージを公開した。

「先日立ち上がった『READYFOR』の新型コロナウイルス感染拡大防止基金に対し寄付させていただきました。選手会として少しでも力になれればということで12球団の会長と相談し、全選手にこの寄付について案内しました」

終息に向け全力で取り組んでいくと決意する炭谷選手。ファンにも一緒に戦おうと呼びかけた。

「1日でも早く日常を取り戻せるよう、そして、皆さんに最高のプレーを見せられるように全力で取り組んでいきます。一緒にこの苦難を乗り越えましょう

すでに複数の選手実名で寄付し『READYFOR』に応援コメントも残している。

≪関連記事≫

ロッテ・井口資仁監督がファンからの質問に“ガチ過ぎる”回答 これからのチームの事、現役時代の事

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第2弾を公開

アレックス・ラミレス監督が志村けんさんを偲ぶ 現役時代はホームラン後のパフォーマンスで「アイーン」

プロ野球“バーチャル開幕戦”が実施 山本由伸「僕のストレートで相手をねじ伏せてください!」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします