NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第2弾を公開

プロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響により開幕延期が続く。4月24日の開幕を目指しているが、選手から感染者が出たことにより活動を休止する球団が続出したため4月中の開幕は難しいとの声も出ている。

3月31日にはパ・リーグ6球団のオーナーオンライン会議を行い、24日の開幕は難しいとする方針で一致した。

開幕までの空白期間にNPB(日本野球機構)は、選手とファンを繋ぐ企画として「みんなとキャッチボールプロジェクト」を実施。ファンから募集したキャッチボール動画と、選手のキャッチボール動画を繋いでひとつのメッセージを紡ぐ

4月2日には第2弾の動画が公開された。

出演者それぞれがメッセージを発するなかで、楽天の辰己涼介選手は「野球をしたら手洗い、うがい」と予防に必要な行動を再確認した。

出演選手(出演順)

  • 石川雅規投手(東京ヤクルトスワローズ)
  • 松本航投手(埼玉西武ライオンズ)
  • 宮崎敏郎選手(横浜DeNAベイスターズ)
  • 田中広輔選手(広島東洋カープ)
  • 辰己涼介選手(楽天イーグルス)
  • 柳裕也投手(中日ドラゴンズ)
  • 山岡泰輔投手(オリックス・バファローズ)
  • 吉川尚輝選手(読売ジャイアンツ)
  • 杉谷拳士選手(北海道日本ハムファイターズ)
  • 髙橋遥人投手(阪神タイガース)
  • 中村晃選手(福岡ソフトバンクホークス)
  • 福田秀平選手(千葉ロッテマリーンズ)

≪関連記事≫

アレックス・ラミレス監督が志村けんさんを偲ぶ 現役時代はホームラン後のパフォーマンスで「アイーン」

プロ野球“バーチャル開幕戦”が実施 山本由伸「僕のストレートで相手をねじ伏せてください!」

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」動画を公開

藤浪晋太郎が新型コロナ陽性、数日前から嗅覚の異常 ファンからは応援の声

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします