三浦璃来・木原龍一ペアが動画メッセージ 「皆さまの前で再び演技できる日がくると信じている」

日本スケート連盟公式ツイッターにフィギュアスケートペアの三浦璃来選手、木原龍一選手が登場した。

日本スケート連盟が外出自粛中のスケートファンに向けて発信している「#SkateForward明るい未来へ」に出演したもので、三浦選手と木原選手は紀平梨花選手からのバトンを受け取った。

2人は3月に行われるはずだった世界選手権に向けた練習を公開。音楽が流れるスケートリンクでペアならではの技も披露した。

つらい時期は必ず終わると信じて

新型コロナウイルスの影響によりスケートリンクが使えず、外出も自粛が呼びかけられているが、三浦選手は「チームでオンラインを使ったトレーニングをしている」と最近の過ごし方を報告した。

「いまはつらい時期ですが、きっと明るい未来が来ると信じています。1日でも早く終息することを願って、私自身も私にできることを精いっぱい取り組みたいと思います。皆様もお身体にはお気をつけください

木原選手は「いまはコロナウイルスの影響により大変な目に遭われている方々、この先を不安に思われている方々たくさんいらっしゃると思います」と社会的な影響の大きさに触れ、それでも希望を持って過ごそうと呼びかける。

「ですが、このつらい時期は必ず終わりが来ます。私は皆さまの前で再び演技できる日がくると信じています。このつらい状況だからこそ、一人ひとりが自覚を持った行動をし、感染拡大防止に努め、コロナウイルスに打ち勝ちましょう

≪関連記事≫

木原龍一、外出自粛中の生活を綴る 「今自分に出来る事を」

シブタニ兄妹が名誉会長を務める「全米図書館週間」 コロナ禍でもオンラインで作品に触れる機会を

充電期間中のシブタニ兄妹、各国で“スポーツ外交”を展開 いま一番の楽しみは「睡眠」

高橋大輔のギルティクラウン、田中刑事のジョジョ…全日本選手権のエキシビジョンにアニメファンも興奮

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします