西武・辻発彦監督「いよいよ第一歩」 開幕へ向け46日ぶりのチーム練習

プロ野球の埼玉西武ライオンズが開幕に向けて再スタートを切った。5月18日に本拠地・メットライフドームで午前、午後に分かれてのチーム練習を行った。

新柄コロナウイルス感染防止のため自主練習を続けてきた西武が、チームで練習するのは4月2日以来、46日ぶりだった。

久しぶりのチーム練習を見守った辻発彦監督が練習後、オンラインでの取材に応じている。

感染防止と開幕への備えを両立

球団提供

久しぶりにチーム揃っての練習に辻監督は「全ての選手がユニフォームを着て、いよいよ第一歩を踏み出せた」とコメントした。

まだ緊急事態宣言の解除が行われないなか、チームの練習強度を上げた狙いは、6月後半を目標に準備されている開幕に向けた備えだった。

「いまの段階では6月の後半に目標がある。そのためには6月の頭から練習試合をしなければ間に合わない。ただ、1人でも感染者を出さないという条件ですから、野球やるやらない以前に健康な身体で顔を合わせられることを一番重要に考えてます」

グラウンド上では選手が集まって密にならないよう配慮し、それ以外の場所でも時間差での利用やマスク着用を義務づけ、感染防止と開幕への備えを両立させながら最短6月19日と言われる今シーズンの始まりを待っている。

≪関連記事≫

西武・辻発彦監督、選手たちには「信頼をしている」 開幕を目指し「今は絶対に感染しないこと」 

西武、スタッフ陣監修の「自宅でできるトレーニング」を選手たちが実践

西武・今井達也がファン100人とオンライン対話 もしも女性だったら「ライオンズ選手の中で誰と結婚したい?」

西武・増田達至、32歳の誕生日を迎える 全体練習再開まで「ひげは伸ばしておきます」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします