【競馬】アーモンドアイがジャパンC優勝 芝GI9勝目、有終の美を飾る

11月29日、東京競馬場で開催された第12R・ジャパンC(GI、芝2400m)は、キセキが大逃げする中、離れた中団の内を進んだ1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝)が、直線に入り馬場の真ん中から力強く抜け出すと、馬場の外側から差してきた2番人気2着コントレイルに1馬身1/4差をつけて優勝。勝ちタイムは2分23秒0(良)で、鞍上はC.ルメール騎手。2着にクビ差の3着はカレンブーケドールとの際どい争いを制した3番人気デアリングタクト

▽配当
単勝2 220円
馬連2-6 330円
馬単2-6 610円
3連複2-5-6 300円
3連単2-6-5 1340円
(2.アーモンドアイ、6.コントレイル、5.デアリングタクト)

▽【アーモンドアイ】
父ロードカナロア
母フサイチパンドラ
母父サンデーサイレンス
※母はエリザベス女王杯勝ち。
通算15戦11勝(重賞10勝目)

※レースの成績、払戻金等については万全を期すため主催者発表のものとご照合ください。

2020 ジャパンC jraofficialより

【競馬】ジャパンC アーモンドアイの「0.0%」とデアリングタクトの「馬券内率100%」。どちらを取る?

【競馬】ジャパンC 2着以内率『90%』が見込める騎手とは

【競馬】ジャパンC“三冠馬3強”の一角を崩す古牡馬の存在

【競馬】ジャパンC 有力馬の追い切りジャッジ&追い切りから狙える穴馬プラスワン!


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします