【F1】角田裕毅&佐藤万璃音がテスト走行 アルファタウリ代表も若武者2人を高評価

F1ヤングドライバーテストでの角田裕毅(2020年12月15日) (C)Getty Images

■角田&佐藤が公式テストデビュー

F1ヤングドライバーテストが15日、ヤス・マリーナ・サーキット(アブダビ)で開催され、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダF1チーム角田裕毅佐藤万璃音が、F1公式テストデビューを果たした。

【速報】角田裕毅、アルファタウリからの2021年F1参戦が決定!「自分らしく、毎戦、全力で戦っていきます」

【画像】アブダビでのF1ヤングドライバーテストの参加ドライバーと最終結果一覧

今回のテストには8チーム15名のドライバーが参加。基本的には若手ドライバーのためのテストだが、フェルナンド・アロンソルノー)やロバート・クビサアルファロメオ)といった2020年F1未出場のビッグネームも名を連ねた。

角田は123周を記録し、ソフトタイヤで1分37秒557を記録。一方の佐藤も127周回を重ね、ミディアムタイヤでの1分38秒495がベストタイムであった。

チーム公式サイトではテストを経てのフランツ・トスト代表のコメントを掲載している。

「非常に良いテストだった。2台で250周を走りきれたし、両ドライバーにとっても良いレッスンになった。

ユウキは既にF1カーの経験があったが、今回で現行スペックのマシンに乗る機会が得られた。マリノとしては初めての経験が積めた。

ユウキは技術面でのフィードバックを伝えてくれたし、エンジニアに対しての協力的な姿勢もありがたかった。マリノも素晴らしかった。今回のような走りを続けていけば、彼にはこの世界で明るい未来が待っていると思う」

次回のテストは3月が予定されており、2021年型の新マシンの投入も想定される。着実に経験を積む2人の若武者の戦いは、まだまだここからが正念場だ。

文・SPREAD編集部

【F1】大炎上のグロージャン 執念と奇跡の生還

「音速の貴公子」、アイルトン・セナが備えていた異能とは 取材中、感極まって浮かべた涙


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします