スポーツ界に広がるコロナの影響 28~4日発表の主なアスリート感染・開催情報

錦織圭や大坂なおみら出場の試合が中止に (c)Getty Images

緊急事態宣言の延長が検討される中、3日に栃木を除き、3月7日までの延長が決定。日本での初感染確認から1年以上経つにも関わらず、新型コロナウイルスの感染はいまだ収束が見えない。

延長したことで、プロ野球の各球団は全日程を無観客に検討しているなど、スポーツ界にも多大な影響を及ぼしており、感染によるアスリートの出場取りやめなどの対応を余儀なくされている。

28日から本日にかけて発表された、主なアスリートの感染や大会の開催情報などは以下の通り。(情報は4日現在)

■なでしこジャパン、2月のアメリカ遠征が中止に

日本サッカー協会は29日、日本女子代表なでしこジャパン)が2月18日〜24日に予定していたアメリカのフロリダ州オーランドで開催される2021 SheBelieves Cupと直前に行われる合宿への不参加が決定した。感染再拡大を考慮しての決断となった。

■ジャパンオープン・パラ卓球選手権が中止

日本肢体不自由者卓球協会は29日、3月13日〜14日にかけて、グリーンアリーナ神戸で行われる第41回ジャパンオープン・パラ卓球選手権大会の中止を発表。

運営側は、「緊急事態宣言の発令に伴い、参加選手及び大会運営に関わる関係者の皆さまの健康・安全を最優先に考え協議を重ねた結果、1月27日(水)の理事会にて中止にすることと致しました」とコメントしている。

■秋田スキー国体が中止に

日本スポーツ協会は1日、18日から秋田県鹿角市で実施予定だった第76回国民体育大会冬季大会スキー競技会を中止にすることを発表した。中止の理由として、3密が避けられないなどが影響して、開催が困難と判断したようだ。

■2月に開催予定の「アクサ×KPMG 2020 カップ」が中止

NPO法人日本ブラインドサッカー協会は1日、「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ」の準決勝と、2月27日に川崎で開催予定だった決勝ラウンドを中止にすることを発表。なお、準決勝に出場している4チームで親善試合を行うか、検討中とのこと。

■ソフトバンクが宮崎春季キャンプを無観客で実施へ

ソフトバンクは3日、1日から生目杜運動公園アイビースタジアムで開催されている宮崎春季キャンプを2月26日までの全期間、無観客で実施することを発表。現在発令中の緊急事態宣言が2日に、3月7日までの延長したことが大きく影響した。

■全国女子ラグビーフットボール選手権は決勝1試合のみ開催

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は3日、2月21日にパロマ瑞穂ラグビー場で行う第7回全国女子ラグビーフットボール選手権大会の開催を発表。例年の大会では、準決勝と決勝の2試合を行うが、今回は決勝のみ行われる。なお、決勝の選出方法は過去3年の実績などをもとに選出すると公表。

■錦織圭や大坂なおみら出場の試合が中止

オーストラリアビクトリア州のアンドリュース州首相は3日、ATP杯ギプスランド・トロフィーが行われているメルボルン で、選手やスタッフが宿泊しているホテルの従業員1人が新型コロナウイルスで陽性となったため、4日に行う試合を全て中止にすることを会見で発表。選手やスタッフなどの約500人が隔離されており、PCR検査で陰性となった場合、解除されるとのこと。

4日には、男子では、錦織圭ATPカップディエゴ・シュワルツマン、女子では、大坂なおみギプスランド・トロフィーの準々決勝でイリーナ・カメリア・ベグと対戦する予定だった。

スポーツ界に広がるコロナの影響 20~27日発表の主なアスリート感染・開催情報

スポーツ界に広がるコロナの影響 16~19日発表の主なアスリート感染・開催情報

スポーツ界に広がるコロナの影響 13~15日発表の主なアスリート感染・開催情報

スポーツ界に広がるコロナの影響 週末~12日発表の主なアスリート感染・開催情報

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします