【競馬】「阪神大賞典」アリストテレス1強に揺るぎなし、配当妙味UPならアノ騎手が跨る2頭

今週は阪神競馬場で阪神大賞典(芝3000m)が行われる。

天皇賞・春の前哨戦としてお馴染みのレース。フィエールマン引退で混とんとする芝長距離路線の覇権争い、今年は特に重要な意味を持つステップレースと言えるだろう。

データで紐解く今年の阪神大賞典。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

◆データが導く2021阪神大賞典の穴馬候補 アノ伏兵馬の不安要素を吹き飛ばすデータ

1.アリストテレスを後押しする「馬券内率100%」データ
2.ユーキャンスマイルにのしかかる「前走GIかつ6歳以上」の壁
3.データが導く2021阪神大賞典の穴馬候補は?

■アリストテレスを後押しする「馬券内率100%」データ

菊花賞ではコントレイルに肉薄する2着。年明け初戦のAJCCで勝利を収め、いよいよ軌道に乗った印象のアリストテレス

ここは天皇賞・春に向けた叩き台のレース。わずかな死角を見出したいところだが、こんな強力なデータが浮かび上がった。

・年齢が4歳かつ1人気【3-2-1-0】

馬券内率に換算すると100%。このレースにおいて、4歳の1人気馬は信頼すべしとの傾向がうかがえる。

阪神コースの経験値も十分なアリストテレス。普通に走ればまず大崩れは考えにくいところだ。

■ユーキャンスマイルにのしかかる「前走GIかつ6歳以上」の壁

昨年の阪神大賞典勝ち馬。実績はメンバー中最上位級にランクされるユーキャンスマイル

長距離の乗り方を熟知した鞍上・武豊を背に連覇を狙いたいところだが、マイナスとなってしまうデータがこちら。

・前走GIかつ6歳以上【0-1-0-7】

阪神大賞典は前走GI組と好相性のレースだが、こと6歳以上に限れば凡走が目に付いてしまう印象。さきほどのアリストテレスとは対照的な数字が出現する形となった。

いくらGIのメンバーとはいえ、近走パフォーマンスは精彩を欠くもの。連覇に向けて暗雲が垂れこめるデータだ。

【競馬】「阪神大賞典」アリストテレスの6枠は過去10年で1勝2着4回の善戦止まり データ傾向「ローテ・脚質・世代・枠順・人気別」

【阪神大賞典】52歳武豊、自身12度目の3週連続重賞Vへ ユーキャンスマイル導く

【阪神大賞典】アリストテレス悠々最先着 重賞連勝へ態勢万全!音無師手応え十分


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします