【プロ野球】投手vs打者の対戦成績から予測する今日のキーマン3選 オ・山岡 vs 西・森「長打連発で山岡を攻略」

(C)Getty Images

開幕2戦目の27日は、阪神期待のルーキー・佐藤輝明がプロ初安打・初本塁打を記録。また、今季から巨人でプレーする梶谷隆幸も満塁本塁打を放ちチームの勝利に貢献した。

開幕3戦目の28日、「投手vs打者」の対戦成績から、今日の「キーマン」に注目。

◆佐藤輝明の衝撃1号が他球団に与える影響は? 阪神打線への“波及効果”を専門家指摘

■デ・平良 vs 巨・丸「対戦打率4割超、2ホーマー」

昨季、3試合登板の巨人戦で防御率2.20のDeNA先発・平良拳太郎に、7打数3安打、対戦打率.429を誇るのは丸佳浩。2年連続で平良から本塁打を放っており、対戦打率.467と得意の相手だ。

▼過去3年・対戦成績

20年 .429 7 3 1 0 1
19年 .500 8 4 1 2 1
18年 未対戦

■ソ・和田 vs ロ・中村奨「17年には対戦打率.333」

ソフトバンク先発・和田毅に対し、ロッテ中村奨吾は過去3年で対戦打率.286だが、2017年には9打数3安打の対戦打率.333、本塁打も1本ある。中村奨は開幕戦から2ベースを放つなど上々のスタートを切っており注目。

▼過去3年・対戦成績

20年 .250 4 1 0 3 2
19年 .333 3 1 0 0 0
18年 未対戦

■オ・山岡 vs 西・森「長打連発で山岡を攻略」

オリックス先発・山岡泰輔に対し、過去3年の対戦打率.462を誇るのが西武森友哉。26打数12安打で、うち2ベース6本、本塁打1本と長打を放っており、完全に山岡を攻略できている。

▼過去3年・対戦成績

20年 .400 5 2 0 1 1
19年 .400 10 4 0 1 2
18年 .545 11 6 1 0 1

◆プロ野球28日の予告先発・試合時間・中継情報「“ドラ1”期待のルーキー、楽天・早川が先発」

◆今カードの見どころ<セ・3/26-28>「阪神の怪物ルーキー・佐藤輝明は“本物”か」

◆今カードの見どころ<パ・3/26-28> 「楽天期待のルーキー・早川の今季初マウンドはいかに」

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします