【プロ野球】今カードの見どころ<パ・3/26-28> 「楽天期待のルーキー・早川の今季初マウンドはいかに」

▼パ・リーグ対戦カード

・3/26-28:楽天日本ハム(楽天生命パーク)
・3/26-28:西武オリックス(メットライフ)
・3/26-28:ソフトバンクロッテ(PayPayドーム)

◆セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「パ首位打者・吉田正はオープン戦3割超で開幕戦へ」

■楽天の田中・早川の今季初マウンドはいかに

開幕カードの注目は、楽天日本ハム(楽天生命パーク)。打倒・ソフトバンクへ向けてオフの積極補強が目立った楽天が、石井一久新監督の下でどのようなスタートを切るのか。ベテラン涌井秀章が開幕投手を務めた後の第2戦は田中将大の日本復帰初登板が予定されていたが、足の張りで回避となる模様だ。

続く第3戦にはドラフト1位左腕の早川隆久が先発予定。田中はオープン戦3試合で計16イニングを投げて防御率2.25と貫禄の調整を見せたが、早川は12回2/3イニングで防御率5.68と課題を残した。対峙する日本ハムとしては、昨季の対楽天戦で打率.354をマークした西川遥輝のバットから先制攻撃を仕掛けたい。

その他では、オープン戦で3戦3勝、計13イニングを無失点に抑えて自身初の開幕マウンドに上るロッテ二木康太のピッチングに注目。昨季9勝を挙げた右腕は、対ソフトバンク戦2年間負けなしの7連勝中だ。対するソフトバンクは昨季最多勝と最高勝率の2冠に輝いた石川柊太が自身初の開幕投手を務める。

また、オリックスでは高卒2年目ながら開幕2戦目での先発が予定されている宮城大弥に期待。昨季は開幕2連敗から開幕10試合を終えて1勝9敗の泥沼スタートとなったチームの新たな希望の光になりたい。対する西武は強力打線の仕上がり具合がどうか。豪快な今季1号弾がいつ生まれるかにも注目だ。

◆【セ・リーグ】今カードの見どころ<セ・3/26-28> 「阪神の怪物ルーキー・佐藤輝明は“本物”か」

【プロ野球】セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「パ首位打者・吉田正はオープン戦3割超で開幕戦へ」

【プロ野球】投手vs打者の対戦成績から予測する開幕戦のキーマン5選 「巨・菅野 vs デ・佐野は対戦打率4割超」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします