【テニス】“クレーの王者”ナダルが太鼓判 錦織圭、全仏へ向けて完全復活に近づく

バルセロナオープンのシングルス3回戦でナダルに破れた錦織圭(2021年4月23日)(C)Getty Images

男子テニス・バルセロナオープンのシングルス3回戦が22日(日本時間23日)、スペイン・バルセロナで行われた。世界ランク39位の錦織圭が、同3位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦し、0-6、6-2、2-6のフルセットで敗れた。錦織の次戦は、26日から始まるエストリルオープン(ポルトガル)となっている。

◆ナダルが錦織を賞賛「ケイを止めるのは大変だった」[ATP500 バルセロナ]

■全盛期を彷彿とさせた第2セット

今大会11度の優勝、全仏13度の優勝を誇るナダルの前に、錦織は第1セットから大苦戦。第2ゲームでは40-15からミスが続き、いきなりブレークを許してしまう。直後の第3ゲームは、15-40とブレークバックのチャンスを迎えながら、あと1本が奪えなかった。第4ゲームは、ストローク戦で優位に立ちながらも勝負所で飛んでくるナダルの技ありショットに屈し、またもブレークされてしまった。

0-4になり、ラケットを放り投げてしまった錦織。イライラが募る中、第1セットは結局、サービスゲームをキープすることさえできず、0-6で落とした。

このまま、ずるずるいくかと思われたが、第2セットの第2ゲームで初のキープに成功すると流れが変わった。「アグレッシブにいきたい」とナダル戦を前に語っていたとおり、積極的な仕掛け、速めに攻め切るプレーが奏功。全盛期を思わせるプレーでペースを握った錦織は、第3、第7ゲームでブレークに成功し、第2セットを6-2で奪い返した。

■3本連続のブレークポイント生かせず

錦織の勢いは最終第3セットに入っても続く。ナダルのサーブの第1ゲーム、いきなり0-40というビッグチャンスが訪れた。

しかし、この3本連続のブレークポイントを生かせず、キープされてしまうと次第に失速。第4ゲームで先に自分のサービスゲームを落とすと、もう巻き返す力は残っていなかった。第8ゲームもブレークを許し、2-6で決着した。

クレーコートでの勝率が9割を超える王者と熱戦を演じた錦織。本人は試合後の会見で、「まだ納得できない」という趣旨のコメントを発していたそうだが、フォアの強烈なショットなどを見れば、ケガからの復帰段階というイメージはもうない。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします