【天皇賞・春/枠順】阪神芝3200mの傾向、試走レース・松籟Sは8枠の逃げ切りV

5月2日に阪神競馬場で開催される第163回天皇賞・春(GI、芝3200m)の枠順が29日、JRAより発表された。前走・阪神大賞典で圧勝したディープボンドは6枠12番、2019年の菊花賞を制したワールドプレミアは1枠1番、今年のAJCCで初重賞制覇をしたアリストテレスは1枠2番に入っている。

◆【天皇賞・春/騎手データ】和田竜二騎手とルメール騎手、本当に『買い』なのは

■阪神芝3200m・松籟Sのレース結果

今年は京都競馬場の改修工事に伴い、阪神芝3200mで行われる。2月27日の松籟S(1着:ディアスティマ)では同コースの試走が行われており、同レースの結果は以下のとおり。

着順 枠番 馬番 馬名 タイム・着差 通過順 人気
13 ディアスティマ 3:14.9 1-1-1-1
タイセイモナーク 3 2-2-2-2 11
シルヴァーソニック ハナ 9-7-8-7
シロニイ 1 4-4-6-3
ラクローチェ 3/4 10-10-10-7

◆【天皇賞・春/穴馬アナライズ】ディアスティマに妙味なし、あえて差し・追込を狙いたくなる混戦・春盾の展開予想

◆【天皇賞・春/データ攻略】ワールドプレミアとアリストテレスの明と暗 どちらかに該当する「馬券内率0%データ」とは

◆【天皇賞・春/追い切りジャッジ】ディープボンドは「A」評価、前走からの上乗せを期待

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします