【ヴィクトリアマイル/データ攻略】グランアレグリアに死角なし、レシステンシアは鬼門の「連対率0%」

今週は東京競馬場で牝馬GI・ヴィクトリアマイル(芝1600m)が行われる。

昨年の最優秀短距離馬グランアレグリア1強がムード漂う今年。アーモンドアイ、ウオッカが演じた「圧勝・楽勝」にこの馬も続くのか? データ面からヴィクトリアマイルを紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【ヴィクトリアM/穴候補データ攻略】「3-0-0-0」の成績が示す得意条件で浮上する伏兵の下剋上

■安田記念でアーモンドアイに完勝。グランアレグリアに死角はあるのか?

東京芝1600mで行われた安田記念でアーモンドアイに勝利。勢いそのままにスプリンターズS→マイルCSを制したグランアレグリア。

新境地を開拓すべくチャレンジした大阪杯で連勝が止まってしまったが、巻き返しを期する今回は強力なデータが後押しする。

・牡馬混合の国内古馬GI勝ち馬【2-1-1-0】

アーモンドアイのほか、ブエナビスタ、ストレイトガール、ショウナンパンドラが該当。特にストレイトガールは7人気と評価を落としていたにもかかわらず、胸のすくような快勝を収めた。信頼度の高いデータと言えよう。

牡馬相手に覇を競ったこの馬にとって、牝馬限定戦は絶好の条件。データ面での死角はない。

■レシステンシアの鬼門は「連対馬ゼロ」のダイワメジャー産駒

阪急杯を制したのち、返す刀で高松宮記念2着。完全復活をアピールし、マイルGIに臨むレシステンシア。

打倒グランアレグリアの1番手と目される同馬。今回はこちらのマイナスデータが立ちはだかる。

・東京芝1600m重賞に距離延長で臨むダイワメジャー産駒【0-0-1-15】

距離延長×ダイワメジャー産駒。この組み合わせは東京芝マイル重賞において鬼門となっており、散々たる数字が叩き出されてしまっているのだ。

1200→1600mと400mの距離延長で迎える今回。レシステンシアにとって超えるべきハードルは高い印象を受けてしまう。

◆【ヴィクトリアM/穴馬3頭公開】サウンドキアラの「リピーター」人気に疑問、狙いは10番人気以下の盲点

◆【ヴィクトリアM/追い切りジャッジ】グランアレグリアを上回る「A」評価の穴馬、ラストは“待ってました”の反応

◆【ヴィクトリアM/追い切りジャッジ】グランアレグリアとレシステンシアを上回る「S」評価、好勝負の可能性十分

◆【ヴィクトリアM/データ傾向】レシステンシアに不安材料、高松宮記念組と逃げ・先行馬は不振

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「ヴィクトリアマイル」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします