【プロ野球/打のキーマン】ロッテ・中村奨吾、データが物語る“エースキラー”ぶりで阪神・西勇を攻略へ

(C)Getty Images

23日のプロ野球は、セ・リーグではヤクルト村上宗隆が本塁打キング単独1位となる13号ソロを放つなど、11安打10得点で圧勝。また、中日高橋周平がマルチヒットの活躍でチームを勝利に貢献している。

パ・リーグは、日本ハムのルーキー・五十幡亮汰のプロ初本塁打が飛び出した。さらにソフトバンク柳田悠岐は初回にレフト前へのタイムリーを放つなどマルチヒットを記録。連続試合安打を9まで伸ばしている。

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

【打率TOP5/好不調トレーダー 】ロッテ・中村奨吾、ホーム&ビジターはともに3割超え

■阪神・西には18年に11打数4安打

ロッテ・中村奨吾 vs 阪神・西勇輝

5試合連続ヒット中と好調の中村奨吾。とくにに21日と22日の楽天戦では、2試合連続で猛打賞を記録するなどヒットを量産した。しかも涌井秀章田中将大というエース級の投手を攻略しており、阪神先発の西勇輝が相手でもその打棒に期待が高まる。

西とは2018年に対戦し、11打数4安打で対戦打率.363。今季、左右別の打率で見ると対左.250に対し対右.339、ホーム打率.308に対しビジター打率.329と、今日の試合では得意条件がズラリと揃った。これだけ好相性のデータが充実していれば、注目せずにはいられない。

今季 未対戦
20年 未対戦
19年 未対戦
18年 .364 11 4 0 1 2

【見どころ/セ・パ交流戦】怪物ルーキー・佐藤輝明、ロッテの若手投手陣から豪快アーチなるか

【見どころ/セ・パ交流戦】9試合連続ヒット中のSB・柳田悠岐 4番出場時のOPSは驚異の1.236

◆ロッテ打線のキーマンは“恐怖の2番打者” 12球団トップ210得点の秘密とは?

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします