【プロ野球】コロナ禍の広島、25、26日の西武戦中止を発表 27日は実施予定

(C) Getty Images

広島は25日、同日と26日にマツダスタジアムで予定されていた西武戦の開催中止を発表した。

◆巨人・梶谷隆幸「お前もか」、交流戦を前に相次ぐ主力の離脱に“テコ入れ”敢行

広島では17日に主力・菊池涼を含む3選手の陽性が確認されたのを皮切りに、チーム内での感染確認はここまで12名となっている。3連戦最終日の27日については、試合実施の方向で準備を進めるとしている。

また、今年のセ・パ交流戦は、コロナ禍での特別ルールで実施される。6月17日までに全日程が消化されなかった場合、15試合以上を消化した勝率1位の球団が優勝となる(15試合以上の消化かつ、勝率5割以上が条件)。試合消化が15試合に満たない場合でも、未消化分の試合を負け試合とカウントしたうえで勝率1位の球団が優勝となるルールが適用される。

◆【見どころ/セ・パ交流戦】怪物ルーキー・佐藤輝明、ロッテの若手投手陣から豪快アーチなるか

◆【見どころ/セ・パ交流戦】巨人は楽天と対戦 ウィーラーは古巣との対戦で活躍なるか

◆【今週の注目打者】中日・大島洋平が誇る安定感 無安打の試合は5試合のみ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします