【ラグビー】パナソニックの優勝で幕を閉じたトップリーグ 日本人の若手スター候補も続々と登場

トップリーグ新人賞を受賞したパナソニック・竹山晃暉 (C)Getty Images

■優勝はディフェンスが際立ったパナソニック

23日、日本選手権を兼ねたラグビー・トップリーグプレーオフトーナメント決勝が行われた。今シーズンはコロナの影響でリーグ戦開始が1カ月遅れ、日程も大幅に変更されたなかでの開催だった。選手、関係者の甚大な努力のおかげで無事にスケジュールを終えたことに、まずは拍手と感謝を送りたい。

決勝戦は、サントリーサンゴリアスの攻撃力とパナソニック ワイルドナイツのディフェンスが激突する接戦が期待された。そんななか、開始5分にパナソニックのセンター、ディラン・ライリーがバックラインのパスをインターセプトして先制トライ。このプレーが大きかった。ロースコアの展開が予想されるなか、パナソニックが福岡堅樹のトライなどを追加して、前半を23-7とリードした。

一方のサントリーは、ボーデン・バレットを徹底的にマークされて攻撃にリズムが出ない。70分以降の2トライで5点差に迫って面目を保ったが、内容的には完敗だった。パナソニックは2015年以来、5度目のトップリーグチャンピオンに輝き、サントリー、東芝ブレイブルーパスに並んで最多となった。

■外国人スター選手とイキのいい若手が活躍

プレーオフ終了後、表彰選手が発表され、トップリーグMVPには福岡堅樹が選ばれた。リーグ戦を終えた時点ではボーデン・バレット(得点王)の受賞が濃厚かと思われたが、プレーオフに入って印象的なトライを連発、優勝に貢献した福岡にトロフィーが渡った。終わってみれば、福岡の花道を飾るトーナメントといえる結果だった。

今シーズンを振り返ってみれば、なんといっても海外からの大物スター選手の大活躍が注目を集めた。バレットのほか、ブロディ・レタリックTJ・ペレナラキアラン・リードマイケル・フーパーマルコム・マークスマカゾレ・マピンピグレイグ・レイドローなどが印象に残った。しかし、そのほとんどは日本を去ってしまう。本国での海外でのプレーに関する契約が「1年だけ」「2年まで」となっているためだ。来年スタートする新リーグでは、その「」を埋めるのが課題となりそうだ。

日本人の若手選手からもスター候補が続々と登場した。サントリーの斎藤直人SH)、中野将伍CTB)、トヨタ自動車ヴェルブリッツ高橋汰地WTB)、吉田杏NO8)、NTTコミュニケーション シャイニングアークス石井魁WTB)、クボタピアーズ金秀隆FB)、神戸製鋼コベルコスティーラーズ松岡賢太HO)、李承信SO)、パナソニックの福井翔大FL竹山晃暉WTB)、リコーブラックラムズメイン平FB)など。今後、日本のラグビーを牽引するタレントといえる。

特に李承信は、帝京大を中退して入部した21歳。海外では10代の代表選手もいる。これまでは大学を卒業してからトップリーグに参加するルートが主だったが、今後は高卒からの人材も戦力として考えられるかもしれない。なお、トップリーグ新人賞には、金と竹山が選出された。

■ジャパン代表メンバーはベテランが存在感を示す

日本選手権終了の翌日には、フォワード21名、バックス15名のジャパンのメンバーが発表された。こちらはリーチ・マイケル田村優稲垣啓太ら2019年のワールドカップ経験者が18名を占めるベテラン重視の選考となった。そのなかで新鮮味があったのは、スクラムハーフの斎藤、荒井康植、ウイングの江見翔太シオサイア・フィフィタあたりか。ワールドカップ・フランス大会に向けて若い力をアピールしてほしい。

代表はさっそく26日から、別府での合宿に入っている。今後はサンウルブスとのウォームアップ・マッチを経て、6月26日にスコットランドブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、7月3日にダブリンアイルランドとの2つのテストマッチを迎える。ここで結果を残せば、さらなる盛り上がりが期待できる。

◆ラグビー日本代表合宿 リーチ主将「僕たちはティア1」強豪国の“スタンダード”追求

◆クボタ、熱戦で光ったチャレンジャー魂 “悪夢”を振り切り初のTL4強入り

◆3部構成の新リーグ概要が発表 現行トップリーグからの変更点とは?

著者プロフィール

牧野森太郎●フリーライター

ライフスタイル誌、アウトドア誌の編集長を経て、執筆活動を続ける。キャンピングカーでアメリカの国立公園を訪ねるのがライフワーク。著書に「アメリカ国立公園 絶景・大自然の旅」「森の聖人 ソローとミューアの言葉 自分自身を生きるには」(ともに産業編集センター)がある。デルタ航空機内誌「sky」に掲載された「カリフォルニア・ロングトレイル」が、2020年「カリフォルニア・メディア・アンバサダー大賞 スポーツ部門」の最優秀賞を受賞。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします