【格闘技】「武尊戦」白紙の那須川天心、1対3マッチに“猛者”が名乗り 「天心を倒せるパンチがある」

那須川天心(C)Getty Images

13日に東京ドームで開催される『Yogibo presents RIZIN.28』にて、RISE世界フェザー級王者那須川天心が、1対3の変則マッチ(1R3分で1人ずつ、3Rで3人と対戦)を行うと、自身のユーチューブとツイッターで表明し、対戦相手を募集した。

【総合格闘技】「RIZIN.28」6月13日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■6.13「武尊vs天心」を準備していたが…

1日にRIZIN榊原信行CEOが会見を開き、那須川の参戦を表明したが、対戦相手については、交渉を重ねてきたすべての選手に断られたことを明かし、相手を探している状況を説明した。

この会見後に、那須川が自身のYouTubeチャンネルで「3分3R、1人1Rずつで3人の選手と戦おうかなと思う。誰もやったことのないチャレンジをしようかな」と、仰天プランをぶち上げ、「僕と真剣勝負をしたい人はぜひ、名乗りを上げて欲しい」と表明。この宣言を受け、榊原CEOは「本人が“やる”と決めてくれたのであれば」と、変則マッチにゴーサインを出した。

そもそも13日には、那須川はK-1王者武尊(たける)との一戦が行われる予定だったという。昨年末から準備が進められ、武尊が1月、那須川が2月に試合を行い、そこから6月ならお互いに十分な準備期間があると判断し、日程を押さえていた。

ところが、武尊の試合が緊急事態宣言の影響で3月28日にスライドし、その試合で武尊が右手を負傷。そのため「武尊 vs 天心」の一戦は幻となってしまった。

◆【キック“卒業”カウントダウン】神童・那須川天心、2022年中にボクシング転向「必ず革命を起こします」

■越智「自分の試合は殺るか殺られるか」

そんななか、那須川の対戦相手として、早くも名乗りを上げた強者が二人いる。1人目は元DEEPストロー級王者越智晴雄。2008年2月に修斗でプロデビューし、強烈なフックとパワフルなタックルを武器に、2017年9月に第2代DEEPストロー級王者の座に就いた。

自身のツイッターで「同じ位の階級で天心選手を倒せるパンチがあるMMAファイターは自分しかいません! 自分の試合は殺るか殺られるか、18年ぶりの東京ドームでド派手にやりましょう!」と猛アピールしている。

■竿本「ほとんどパンチはもらった事ない」

もう一人は、現ZSTフライ級王者竿本樹生。2018年5月にZST王者に就き、昨年8月のRIZINでは、米MMA王者中村優作をKOで破るなど、現在破竹の12連勝中。

「天心選手相手決まらないなら戦いたい。今は総合で戦ってるけどほとんどパンチはもらった事ないんでボクシングは自信あります ご検討を!」と、竿本も自身のツイッターで対戦相手として名乗りを上げた。

現在、RIZINの公式ホームページに応募フォームが設置され、対戦相手を募集中。資格として、体重は60キロ前後で、キックボクシングルール、またはボクシングルールに準じたスタンディングルール。

1R3分、1人1Rずつの合計3R戦う予定だ。大会までは約2週間。国内敵なしの“神童”に挑戦する選手は誰になるのか。前代未聞のチャレンジに注目が集まる。

◆【6.13「RIZIN.28」東京ドーム大会】朝倉未来・海をはじめ最強ファイターが集結、18年ぶりドーム開催の試合一覧

◆「RIZIN.28」ヘビー級注目のスダリオ剛、真価が問われるシビサイ戦 「やられる覚悟でやりに行く」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします