【エプソムC/データ攻略】データが導いた伏兵馬、馬券内率「100%」の買いの条件とは

前編ではアルジャンナヴェロックスの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【エプソムC2021/枠順】人気上位予想のアルジャンナ、サトノフラッグの枠は過去10年勝率0%

■データが導く2021エプソムカップの穴馬候補は

<穴候補1 ヤシャマル>

今回が重賞はおろかオープンクラス初挑戦となる馬。実績面で見劣りしてしまう印象は否めないが、しっかりとしたデータの後押しは存在する。

・東京芝1800mの成績【2-1-1-0】

このコースでの馬券内率は100%。戦績が示すとおり、メンバー中随一の舞台適性を誇る馬だ。決して楽な相手ではないものの、コース適性を武器に上位進出があっても驚けない。

<穴候補2 ザダル>

昨年秋の毎日王冠以来の実戦復帰。レース間隔が厳しいと思われるなか、この馬にとって追い風となるデータがこちら。

・左回りの良馬場芝【2-0-1-0】

こちらも馬券内率100%データに該当する馬。この距離での持ち時計1分44秒4はメンバー中最速でもあり、高速馬場の東京芝適性は申し分ない。休み明けでも妙味ある1頭と言えそうだ。

◆【前編・有力馬】アルジャンナとヴェロックスの明と暗、どちらかに該当する「馬券内0%」のデータとは

◆【エプソムカップ2021/追い切りジャッジ】3連勝の上がり馬は止まらない、伏兵馬ヤシャマルに「A」評価

◆【エプソムカップ2021/追い切りジャッジ】2度目の重賞挑戦で初制覇を狙うシュリに「S」評価、心身ともに絶好の状態に

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「エプソムC」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします