【エプソムC/枠順】人気上位予想のアルジャンナ、サトノフラッグの枠は過去10年勝率0%

第38回エプソムカップ(GIII、芝1800m)の枠順が11日、JRAより発表された。

重賞初制覇を目指すアルジャンナ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は4枠8番に、一昨年の牡馬クラシック戦線で善戦を演じたヴェロックス(牡5、栗東・中内田充厩舎)は2枠3番、過去10年で3勝を挙げ、最多連対率を誇る3枠にはエアアルマス(牡6、栗東・池添学厩舎)、ヒュミドール(セ5、美浦・小手川準厩舎)が入った。

◆【エプソムC2021/脚質傾向】上がり3F最速「3-3-1-7」、実績不足も警戒すべき伏兵とは

■混戦模様の4枠は危険信号

上位人気が予想されるアルジャンナの4枠は、過去10年で【0-2-1-17】と勝利はなく、連対率10.0%と不調。一方、下位人気が予想されるエアアルマスヒュミドールが入った3枠は過去10年で【3-2-3-11】と最多3勝を挙げ、勝率15.8%、連対率26.3%、複勝率は驚愕の42.1%を誇る。

4枠を読み解くと、過去10年で上位人気に支持されて凡走した例は18年のサーブルオール、16年ロジチャリスの2頭。どちらの年も1番人気のオッズが2.8倍と混戦模様の中で上位人気に支持され敗れている。今年も抜けた人気となりそうな実力馬もおらず、混戦模様となりそうな一戦で不安が募る。

この4枠を今年引き当ててしまったのはアルジャンナファルコニアの2頭。

■7枠の好走条件は「極端な競馬」

一方、近5年は6枠と8枠がともに2勝、昨年はダイワキャグニーが3枠から勝利を挙げていて、6枠にはニシノデイジーミラアイトーンが入り、8枠にはシュリアドマイヤビルゴアトミックフォースの3頭が入った。

過去10年で最も馬券に絡めなかったのは7枠で【0-1-1-23】と出走頭数は二番目に多いものの、勝率0%、連対率4.0%、複勝率8.0%と振るわず。唯一馬券に絡んだ2頭を分析すると、16年で3着に入ったマイネルミラノは馬群を引き離した大逃げで好走し、12年のダノンシャークは上がり最速33.9の脚で追い込み2着とどちらも「極端な競馬」で好走した。

今回7枠に入ったのはサトノフラッグガロアクリークザダルの3頭。脚質を読み解くといずれも逃げや上がり最速の脚を繰り出すシーンは想像できず、今回の7枠は不安要素となる。

■エプソムカップ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【有力馬】サトノフラッグ「B」評価、新馬コマンドラインに追走併入も気持ちが乗らず

◆【有力馬】コントレイルの2着の素質馬が青写真通り成長、前走以上の「A」評価

◆【有力馬】2度目の重賞挑戦で初制覇を狙うシュリに「S」評価、心身ともに絶好の状態に

◆【穴馬】3連勝の上がり馬は止まらない、伏兵馬ヤシャマルに「A」評価

▼データ予想
◆【前編・有力馬】アルジャンナとヴェロックスの明と暗、どちらかに該当する「馬券内0%」のデータとは

◆【後編・穴馬】データが導いた伏兵馬、馬券内率「100%」の買いの条件とは

▼穴馬予想
◆【穴馬】重賞ウィナーの「フレッシュな古馬」、本調子に戻り再び上位へ

◆【穴馬】前走度外視の推定10番人気以下、今回が「買い」の条件とは

◆【穴馬】末脚が活きる展開で浮上する、単勝10倍前後の「伏兵馬」とは

▼その他、データ傾向
◆【騎手データ】北海道芝スプリント重賞に欠かせない池添謙一 伏兵馬騎乗でも『買い』なワケ

◆【前走ローテ】ヴェロックスに不安データ、「0-0-0-8」の“全滅”条件

◆【脚質傾向】上がり3F最速「3-3-1-7」、実績不足も警戒すべき伏兵とは

◆【人気傾向】昨年“421万”馬券の大波乱、上位人気を信頼もオッズに注目

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします