【MLB】大谷翔平、本日2発目は打球速度181キロの弾丸ライナー ゲレーロJr.に2本差の単独トップ

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」で出場し、第2打席で27号、第3打席で28号を放ち2打席連続アーチを記録した。

◆【動画/28号】あっという間に右翼席へ到達、2発目は打球速度約181キロの弾丸ライナー

3回一死走者なしで迎えた第2打席、右腕タイヨンから右翼スタンドへ運ぶ27号で両リーグ単独トップに躍り出た。飛距離395フィート(約120メートル)、打球速度109.6マイル(約176キロ)。

続く、5回無死一塁、第3打席では打球速度112.4マイル(約181キロ)の弾丸ライナー。飛距離356フィート(約109メートル)で右翼スタンドへ一直線に飛び込んだ。

大谷の2打席連続ホームランは2018年8月3日(同4日)のインディアンス戦以来、1061日ぶり。

◆3戦連発の大谷翔平に相手投手もお手上げ 苦心の左腕が“7秒間のためらい”で投球できず

◆大谷翔平の26号は「まさにロケット」 ニューヨークを舞台に「SHO TIME」開演

◆大谷翔平、ニューヨーカーもあ然の自己最速弾丸アーチ NFLのスターも「MVPはオオタニ」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします