【MLB】大谷翔平、「2番DH」でツインズ前田健太と対戦 “日本投手キラー”発揮でゲレーロJr.を突き放す35号なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は22日(日本時間23日)、敵地でのミネソタ・ツインズ戦に「2番DH」でスタメン出場。

ツインズ先発の前田健太とは、前田がロサンゼルス・ドジャースに所属していた2019年以来、2年ぶりの対戦となる。ここまでの対戦成績は5打数2安打、1本塁打、2三振。19年6月12日の対戦では前田が投じた甘い球を見逃さず、大谷が右翼スタンドへソロ本塁打を放っている。

【速報】大谷翔平、6戦14Kで三振数はリーグワースト3位も…マドン監督「この状況から脱却できる」

■日本人キラー大谷の35号アーチは出るか

大谷は後半戦5試合で20打数4安打で打率.200と低迷。18日のシアトル・マリナーズ戦では4三振、前回21日のオークランド・アスレチック戦では3三振と、後半戦5試合で11三振を喫した。

19日のマリナーズ戦では34号を放ったが、ア・リーグ2位のゲレーロJr.トロント・ブルージェイズ)は昨日のボストン・レッドソックス戦で後半戦4発目となる32号を放ち、その差は「2」に縮まっている。

一方、前田は今季15試合に登板し4勝3敗、防御率4.71。7月に入り2試合連続の無失点ピッチングで2連勝を飾っていたが、前回18日のデトロイト・タイガース戦では5回3失点で勝敗つかず、チームはサヨナラ負け。

大谷は8日のマリナーズ戦で菊池雄星と対戦し、3打数無安打2三振と、この時は菊池に軍配が上がったが、2019年には菊池と前田から立て続けに本塁打を放ち、「日本投手キラー」と呼ばれた大谷が今季35号を放つか。あるいは今季、チェンジアップのキレが増し、72回2/3イニングで79奪三振を誇る前田が、菊池に続いて大谷を抑えるか、日本人対決に注目が集まる。

ケガにより6月22日を最後に戦列を離れていたジャスティン・アップトンが3番に復帰。厳しいマークを受けて来た大谷の力強い後ろ盾となるかも、興味深い。

【速報】大谷翔平、6戦14Kで三振数はリーグワースト3位も…マドン監督「この状況から脱却できる」

◆マドン監督はブルペン陣を“問題視” 迫るトレード期限、大谷翔平のエンゼルスは補強に動くのか

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

試合情報

ツインズ-エンゼルス
試合開始:日本時間7月23日(金)9:10
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします