【MLB】大谷翔平、6戦14Kで三振数はリーグワースト3位も…マドン監督「この状況から脱却できる」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が22日(日本時間23日)、敵地でのミネソタ・ツインズ戦に「2番DH」でスタメン出場。相手先発の前田健太投手の前に2三振を喫するなど苦しみ、4打数無安打3三振。打率は.271となっている。

前田は今季最長の7回を投げ抜き7安打3失点6奪三振と好投したが、惜しくも敗戦投手に。防御率は4.63。試合はエンゼルスが接戦をものにし、3-2で勝利した。

2戦連続での3三振と、後半戦では打撃にブレーキがかかっている大谷だが、マドン監督は試合後の会見で変わらぬ信頼を口にしている。

◆マドン監督はブルペン陣を“問題視” 迫るトレード期限、大谷翔平のエンゼルスは補強に動くのか

■球宴後6試合で14三振、24打数4安打

後半戦復調へのきっかけを掴みたい大谷だが、この日も快音は聞かれなかった。前田との対戦では三振、ニゴロ、三振と完敗。第4打席でもリリーフ左腕・コローンの外角速球を捉えられず空振り三振に倒れ、2戦連続の1試合3三振となった。

これでオールスターゲーム後6試合で14三振、24打数4安打1本塁打と苦しい状況が続いている。シーズン合計でも三振数はリーグワースト3番目の112だ。

試合後の会見では現地メディアからも「大谷の状態を不安視しているか?」という質問が飛び出したが、マドン監督は即答で否定すると「打席に立ってストライクゾーンをつかめるようになれば。彼はこの状況から抜け出せるはず。ずっと完璧な状態とはいかない」と変わらぬ信頼を語った。

◆【実際の映像/データ】前田健太はどんな攻めで大谷翔平を攻略したのか…三振を奪った2打席を投球分布図&動画で振り返る

◆マドン監督はブルペン陣を“問題視” 迫るトレード期限、大谷翔平のエンゼルスは補強に動くのか

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします