【MLB】大谷翔平、ロッキーズ戦に「2番DH」スタメン ド派手な36号アーチに期待

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は27日(日本時間28日)、エンゼル・スタジアムでのロッキーズ戦に「2番DH」でスタメン出場する。

大谷は前日のロッキーズ戦に“二刀流”で出場。投手としては7回を5安打5奪三振1失点に抑える好投をし、最後の99球目をこの日最速となる160キロ超えのストレートで締めくくりMLB移籍後初の“シーズン100奪三振”を記録。自己最多となる5勝目を飾った。

打撃では適時打で先制点を挙げると、直後に2試合連続となる盗塁を決めて生還。4打数1安打1打点の活躍でチームの勝利に大きく貢献した。エンゼルスは6-2で3連勝し、貯金を「1」とした。

◆【速報/今季36号】大谷翔平、打った瞬間確信の今季36号 登板翌日に飛距離141メートルの衝撃弾は「信じられない」

■復帰後も活躍する強敵相手に36号を目指す

ロッキーズの先発オースティン・ゴンバーは今季から調子を上げてきている左腕。

成績は16試合を投げ7勝5敗、防御率3.74。4月こそ1勝3敗で負け越しスタートとなったが、6月は4試合21回を投げ16奪三振、自責点3と好投し3勝を挙げるなど活躍した。

6月19日(同20日)の試合以降、左前腕の負傷のため故障者リストに追加されていたが、21日(同22日)のマリナーズ戦で約1か月ぶりに登板し、6回を被安打3、3失点で抑え白星を挙げた。

大谷とは今回が初対戦。怪我での離脱はあったものの、ポテンシャルが高く復帰戦でも勝利しているだけに手ごわい相手となりそうだ。しかし、復帰戦で3本塁打を打たれているだけに、前日も投打で活躍した大谷が36号を放つか注目したい。

◆「他の投手ではできない修正力」 大谷翔平、指揮官絶賛の快投で今季100奪三振到達

◆復活35号の大谷翔平、今季のエンゼルス最終戦に敵将「オオタニとの対戦が終わってよかった」

◆大谷翔平、初回から二刀流の本領発揮 バットを折りながらも先制打&すかさず盗塁

試合情報

エンゼルス-ロッキーズ
試合開始:日本時間7月28日(水)10:38
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします