【東京五輪/野球】侍ジャパン、37年ぶり悲願の金メダル 完封リレーで米国撃破、5戦全勝の“完全優勝”

金メダルを獲得した侍ジャパン(C)ロイター

東京五輪は7日、野球の決勝が横浜スタジアムで行われ、日本代表「侍ジャパン」が米国に2-0で勝利し、1984年ロサンゼルス五輪以来となる金メダルを獲得した。

【実際の映像】37年間待ち望んだ瞬間がついに! 侍ジャパン、米国撃破で金メダル獲得の歴史的瞬間

■米国に得点許さず完封勝ち

両国が五輪決勝で対戦するのは公開競技として行われた1988年ソウル五輪以来で、決勝戦での対戦成績は1勝1敗。負けられない一戦で侍ジャパンは森下暢仁(広島)を先発起用した。

森下は立ち上がりからキレの良い速球と変化球を駆使し好投。ストライク先行の投球で3回まで米国打線を無失点に抑える。森下を援護したい打線は3回裏1死、村上宗隆(ヤクルト)が米国先発・マルティネス(ソフトバンク)からソロ本塁打を放ち先制。追い込まれてから、外角のチェンジアップを逆らわずに左中間へ運ぶ技ありの一発となった。

その後は両先発が得点を許さず一進一退の攻防に。森下が5回を投げ3安打、5奪三振で三塁を踏ませず持ち味の安定感を発揮すれば、マルティネスも4回裏1死満塁のピンチを凌ぎ、6回1失点の力投を披露した。膠着状態のまま中盤に突入すると、侍ジャパンは6回から千賀滉大(ソフトバンク)を投入し継投策に打って出る。千賀は四死球が絡み2死一、二塁のピンチを背負うが、ウエストブルックを捕邪飛に打ち取り、無失点で切り抜けた。

7回は準決勝・韓国戦でも好救援の伊藤大海(日本ハム)が無失点に抑え、8回途中からマウンドに上った岩崎優(阪神)も気持ちのこもった投球で1点のリードを守り抜くと、その直後に侍打線が奮起。米国3番手のマクガフ(ヤクルト)から、先頭の山田哲人(ヤクルト)が右安打を放ち出塁。続く坂本勇人(巨人)が犠打を決め、1死二塁から吉田正尚(オリックス)の中前打と悪送球の間に待望の追加点を挙げた。

2点リードで迎えた最終回は“守護神”栗林良吏(広島)が米国の反撃を許さず試合終了。米国に完封勝ちで37年ぶりの金メダルを手にした。

【実際の映像】37年間待ち望んだ瞬間がついに! 侍ジャパン、米国撃破で金メダル獲得の歴史的瞬間

◆鈴木誠也や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

◆奇抜デザインで存在感抜群のリリーフカーに海外から熱視線「史上最高」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします