【セントライト記念/データ攻略】タイトルホルダーとオーソクレースの明と暗、どちらかに該当する「勝率0%」データとは

今週は中山競馬場でセントライト記念(芝2200m)が行われる。

菊花賞トライアルとして施行されるレース。春の牡馬クラシックを制した2頭(エフフォーリア、シャフリヤール)が不在と少々寂しい印象もあるメンバーだが、春の勢力図を塗り替えようとする馬たちがスタンバイ。秋のビッグレースに向けて見逃せない一戦となりそうだ。

この記事ではデータ面からセントライト記念を紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【セントライト記念2021/人気傾向】上位人気想定タイトルホルダーに不安要素なし 1番人気は複勝率80%と好調

■タイトルホルダーを後押しする「100%データ」とは

弥生賞を逃げ切り、返す刀で臨んだ皐月賞でも2着。世代トップクラスの力を示したタイトルホルダー。6着に敗れた日本ダービーから巻き返しを誓う今回、同馬を後押しするデータがこちら。

・皐月賞5着内かつ中山芝重賞勝利実績あり【4-3-2-0】

馬券内率は100%。重賞の舞台で中山巧者ぶりを証明することがセントライト記念の「好走パスポート」を手に入れる資格にすらなっている印象だ。

過去にこれを満たした馬のなかには名馬キタサンブラックがいる。さすがにそのレベルに達するハードルは高いものの、得意の中山で菊花賞の展望が拓けるレースを期待したい1頭だ。

■オーソクレースにのしかかる「0%データ」の正体とは

無傷の2連勝で臨んだホープフルSは2着。残念ながら連勝は止まってしまったものの、確かなポテンシャルを発揮しその可能性を示したオーソクレース

今回はホープフルS以来の実戦だが、鞍上はC.ルメール。ノーザンファーム生産馬の「仕上げ力」をもってすれば休み明けも苦にならないと思われるかもしれないが、今回は別の角度から思わぬマイナスデータが出現した。

・半年以上の休み明けで芝レースに臨んだエピファネイア産駒の成績【0-2-1-22】

勝ち馬はいまだゼロ。「勝率0%」という結果は予想外と言えるだろう。

なお、同時期に産駒がデビューしたキズナ産駒はその条件で【2-3-1-14】。好走率の差は歴然だ。この馬の母マリアライトが9月中山のオールカマーで凡走を繰り返した点も含め、信頼度には疑問府が付く。

後編ではデータ面から浮上するセントライト記念の穴馬候補2頭を紹介する。

◆【後編】前走の力走が後押しする「4-2-0-1」 前哨戦で波乱を呼ぶ伏兵馬とは

◆【セントライト記念2021/前走ローテ】連対資格がある馬のキーワードは「前走2400m組」 日本ダービーからのローテは圧巻の7勝

◆【セントライト記念2021/脚質傾向】昨年は逃げで勝利も馬券のヒントは「中団で我慢できること」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「セントライト記念」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします