【セントライト記念/データ攻略】前走の力走が後押しする「4-2-0-1」 前哨戦で波乱を呼ぶ伏兵馬とは

前編ではタイトルホルダーオーソクレースの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【前編】タイトルホルダーとオーソクレースの明と暗、どちらかに該当する「勝率0%」データとは

■データが導く2021セントライト記念の穴馬候補は

<穴候補1 グラティアス>

皐月賞、日本ダービーはともに掲示板外。一線級のメンバー相手では厳しい印象を受けたが、今回は前走の経験がプラス材料となりうるデータを発見した。

・前走日本ダービーで4角2番手以内【4-2-0-1】

特筆すべきはその内訳。6人気1着キタサンブラックをはじめ、4人気1着ジェネラーレウーノ、9人気2着ミュゼエイリアンと人気薄激走馬を続々と輩出しているのだ。

中山芝は京成杯を勝利した得意舞台。条件替わりでの一変には警戒すべきだろう。

<穴候補2 アサマノイタズラ>

近2走はフタ桁着順と精彩を欠く同馬。このメンバー相手で一変は簡単ではないと思われるかもしれないが、今回は週末の馬場コンディションが追い風となりそうだ。

・良馬場の成績【1-0-1-1】
・稍重での成績【0-1-0-2】

時計のかかる渋った馬場がマッチしないタイプ。良馬場で唯一馬券圏外に敗れた水仙賞は直線でスムーズさを欠いた一戦だった。今回手綱を握る田辺裕信は2018年セントライト記念をジェネラーレウーノとのコンビで勝利。当時の再現に期待したいところだ。

◆【セントライト記念2021/人気傾向】上位人気想定タイトルホルダーに不安要素なし 1番人気は複勝率80%と好調

◆【セントライト記念2021/前走ローテ】連対資格がある馬のキーワードは「前走2400m組」 日本ダービーからのローテは圧巻の7勝

◆【セントライト記念2021/脚質傾向】昨年は逃げで勝利も馬券のヒントは「中団で我慢できること」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「セントライト記念」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします