萩野公介、アジア大会の成績に悔しさを綴るも…「意味のあるいいレースができました!」

競泳の萩野公介選手がインスタグラムを更新し、瀬戸大也選手との2ショットを公開した。

そして、その写真とともにアジア大会の400m個人メドレーで金メダルを獲得できなかった悔しさを綴った。

「アジア大会、自分の出場レースは終わりました。悔しかったけど、来年以降にたくさん意味のあるいいレースができました!

瀬戸選手は1位、萩野選手は2位でフィニッシュ。激しい戦いを終えた両選手は、それぞれにメダルをかけて清々しい笑顔を浮かべている。

続けて、「たくさんのサポートありがとうございました!残りの日本代表の応援、よろしくお願いします!」と、応援してくれた人への感謝の気持ちを表現する。

前回のアジア大会では、同種目で金メダルを獲得するなど4冠を達成した萩野選手。今大会では無冠に終わってしまったが、ファンからはたくさんの応援コメントが届いていた。

  • 「お疲れ様でした。出場レース全てでメダル獲得は素晴らしい 悔しさも、東京オリンピックに向けての学びですね。これからも応援しています」
  • 「萩野さん、瀬戸さん共にメダル獲得おめでとうございます。写真の2人、いい笑顔ですね」
  • 「ずーっと 応援しています このかりは オリンピックで金メダルを取って返しましょう ガンバレ」

萩野選手は今回の悔しさを東京オリンピックで晴らすことができるか。王者の復活に、期待がかかる。

≪関連記事≫

競泳・萩野公介×元プロゴルファー・宮里藍の対談が実現!2人が語る「夢を持つこと」の重要性とは?

萩野公介、関脇・御嶽海の大相撲初優勝に祝福メッセージ「最高にかっこよかった」

萩野公介、宮里藍、小林幸平が”運動神経”に関わるゲームでガチバトル!気になる勝負の行方は?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします