【格闘技/RIZIN LANDMARK】「命をかけるような試合にする」朝倉未来、新たな心構えで挑むアウトロー対決

朝倉未来(C)RIZIN FF

総合格闘家の朝倉未来が30日、10月2日開催の「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.1」の出場選手試合前インタビューに応じた。

◆萩原京平、毎晩のイメトレで朝倉撃破を“確信”「間違いなくイメージ通り実現する」

■「朝倉未来は最強じゃないと」

一時は引退も考えた朝倉が再起をかける。6月13日に行われた「RIZIN.28」ではボンサイ柔術のクレベル・コイケと対戦し、三角絞めで失神KOを喫した。試合後には「引退も含めて考える」と発言したが、翌14日にはInstagramに「少し休んで、また頑張ろうかな 朝倉未来は最強でないといけない」と現役続行への決意をつづっていた。

また、同日に更新されたYouTubeチャンネルでは自身の過去を振り返り「少年院から出てきてクズ人間からアウトサイダーのチャンピオンになってRIZIN(のメインカードを飾る)まできて、改めてすごいことをしたなあ」と振り返ったうえで、「自分のことのように悔しがってくれてるファンの人も多くてすごい愛されてるなと感じましたね」とファンの声援が現役続行の決めてのひとつだと明かした。

■万全の状態で臨む再起戦は「自信しかない」

30日の試合前インタビューでは、「きつい展開にしたい。相手がどれくらいのレベルまで上げてきているかによりますけど、命をかけるような試合にするつもり」とし「相手の選手も人生かけてくると思うんで、人間の火事場の馬鹿力のような強さが出たときに、根性勝負になると思うんで俺が根性で上回りたいな」と話した。

今まではきつい展開を避けてきたという朝倉は「あえてそこ(きつい展開)に挑戦できるマインドを準備できた。きつい展開すらも楽しみたい。こういうマインドなのは今回が初めて」と精神面での変化も口にしている。

身体面においても、クレベル戦前から5人のトレーナーのもとでフィジカルアップに努めてきた成果について「ようやく今明確に変化が表れてきたと感じている、今後ももちろん続けていく」と手応えを感じているようだ。

今回の試合については「自信しかない」とクールに言い切り、試合で得られるものについては「もしきつい展開にしてくれたなら、(それが)初めての経験になるかな。練習で明確に強くなってきたことを感じているので、それを試す場として答え合わせのような感じですね」と、自身の実力を試すことへの期待を語った。

最後に配信特化型イベントである「RIZIN LANDMARK」という新しい試みについての考えを聞かれると、「面白い試み。選手側としても機会が増えるので、とてもいいと思う。(格闘技界の)スター選手が少なくなってきてるなと感じてて、こういうところで育成に力を入れられたら凄くいいんじゃないかと思いますね」と語り、続けてスターの条件として「今回の対戦相手みたいな『華がある選手』に結果が伴ってきたときですね」と、今回の対戦相手である萩原京平にも期待を寄せている。

◆【格闘技/RIZIN LANDMARK vol.1】10月2日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

◆萩原京平、毎晩のイメトレで朝倉撃破を“確信”「間違いなくイメージ通り実現する」

◆朝倉未来が公開練習、相手の想像を超える“組み技”でのリベンジ宣言「寝技で勝ったら面白い」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします