【格闘技/RIZIN LANDMARK】朝倉未来が公開練習、相手の想像を超える“組み技”でのリベンジ宣言「寝技で勝ったら面白い」

(C)RIZIN FF

10月2日開催の「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.1」のメインカードで萩原京平との対戦が決まっている朝倉未来が27日、オンライン上で公開練習を行った。

2分1Rのミット打ちを披露した朝倉は2週間前から71キロ台であることを明かし「余裕すね、明日できますね試合」と対戦相手の萩原同様、臨戦態勢をアピールした。

◆萩原京平が公開練習 朝倉未来との対戦で「格闘技界の主役が変わる」と断言

■「俺も嫌なことやってこうかなと」

(C)RIZIN FF

今回の公開練習ではシチュエーションを意識して打ったという朝倉は「普段はもっと量を打っている」とし「打撃のキレは全体的に上がった気がしますね」と前回からの成長を語ると、打って相手の脇をくぐるような動作をみせたことについては「今回の試合はどんどん組んでいくんで」「テイクダウン能力と寝技は相手の想像のかなり上を行ってると思うので、相手はびっくりすると思いますね」と、「今までの試合では見せる機会がなかっただけ」だという組み技について言及。

更に、「アイツ嫌なことやるって言ってましたけど、俺も嫌なことやってこうかなと思ってるんで」と、先週の公開練習で「肘以外にも相手が嫌がる攻撃をいっぱい使っていこうと思っている」と話した萩原の発言に乗っかると「寝技の練習も週1は続けてるんで、1Rで1本とれるんじゃないかと思います」「僕が寝技で勝ったら面白いんじゃないですか?」と寝技での勝利に意欲を見せたほか、対戦については「(萩原の得意な)打撃を見切りつつ、テイクダウンを混ぜて寝技の展開」を想定しているとした。

(C)RIZIN FF

◆新大会「LANDMARK」参戦の朝倉未来が萩原京平の“挑発”を一蹴「どうも思わない。圧勝しないと」

◆朝倉未来「勝ったら1000万シリーズ」前の一戦を“サプライズ発表”「企画の前に試合するぞ」

◆【RIZIN.30】朝倉海、難敵・ボンサイ柔術に判定勝ちで兄・未来のリベンジ果たす 「大みそかまでにもっと強くなる」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします