【ボクシング】村田諒太がミドル級史上最強ゴロフキンと、井上尚弥は同級6位と日本での対戦が実現

軽量をパスし、充実した表情をみせる井上尚弥(C)Getty Images

コロナ禍による辛く暗い2年間を乗り越え、スポーツイベントに活気が戻った。ボクシング界も例外ではなく、観客を迎えた熱戦のレポートが世界各地から届いている。

年内に行われるビッグマッチのスケジュールを、国内を中心に整理してみたい。

◆井上、井岡に続く日本人は誰だ? 海外専門誌が“日本選手限定”PFPランキングを発表

■マイク・タイソン以来の大物が来日

最大の注目は、何といってもWBA世界ミドル級スーパーチャンピオン、村田諒太と同級IBFチャンピオン、GGG(トリプルジー)ことゲンナジー・ゲンナジーヴィッチ・ゴロフキンが激突する一戦だ。試合は12月29日、さいたまスーパーアリーナで行われることが正式に発表された。

世界の超一流選手が日本で試合をするのは、実にマイク・タイソン以来と言われる。「ゴロフキンが日本で観られるなんて」と、興奮を隠さないボクシング・ファンも多い。試合の予想は改めて行うとして、ここでは試合の背景をおさらいしておこう。

ゴロフキンの戦績は43戦41勝(36KO)1敗1分。2010年にWBAミドル級のタイトルを獲得してから3団体を統一、WBAタイトルは実に17連続KOを含む19度防衛を達成した。

しかしある意味、GGGの実力を知らしめたのは、サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)との2戦だろう。結果は初戦が3者3様のドロー(115-113、110-118、114-114)第2戦が僅差の敗戦(113-115、113-115、114-114)と1分1敗だったが、試合後に行った調査ではGGGの勝利を支持する声が大きかった。

カネロといえば、11月7日(日本時間)にカレブ・ブラント(アメリカ)を11Rに失神させてスーパーミドル級4団体を統一した超スーパースター。リング誌が発表するパウンド・フォー・パウンドのランキングでも長くトップに君臨している。この選手と2度にわたり互角に戦った実力は疑う余地もない。

■8年間、対戦を熱望してきた村田の“恋人”

村田は2012年ロンドン・オリンピックの金メダリスト。2017年、ハッサム・ヌダム・ヌジカム(フランス)のWBA世界ミドル級王座を2度目の挑戦で奪取した。その後、一度はロブ・ブラントンにベルトを奪われたが、リターンマッチで再獲得。1度防衛後、過去の成績を考慮されてアルバレスが返上したスーパー王座にランクアップされている。現在の日本ボクシング界のアイコン的存在だ。

(c)Getty Images

村田にとってゴロフキンは8年間、対戦を熱望してきた、いわば“恋人”。記者会見でも「最強の選手だと思っている。ミドル級史上でも最強といっていいと思います。キャリアで1敗1分けがありますが、僕の中では両方とも勝っていた試合だと思っているし、事実上全勝の選手だと思っている。その選手に勝って僕がミドル級最強を証明したい」と熱く思いを語った。

実は、両者の対戦は2018年に王座統一戦として決まりかけた経緯がある。しかし、そのときは村田がブラントンに敗れてご破算になってしまった。ビッグマッチを望む村田陣営は、その後、カネロにも交渉を続け、もう一歩のところまでいったがサインには至らなかった。

一方のゴロフキンもカネロとの第3戦、ジャモール・チャーロ(アメリカ)とのビッグファイトを希望したが、コロナ禍も影響してまとまらなかった。村田35歳、ゴロフキン39歳。両者ともに円熟の年齢で迎えるビッグマッチだ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします