Advertisement

【ボクシング】那須川天心の“新章”スタートか、“獰猛なKO勝ち”で5カ月間の成果を披露

【ボクシング】那須川天心の“新章”スタートか、“獰猛なKO勝ち”で5カ月間の成果を披露
那須川天心 写真:オフィシャル提供

Advertisement

キックボクシング・格闘技で47戦全勝という快記録を持つスーパースター、那須川天心(帝拳)のボクシング第2戦が18日に有明アリーナで開催される。

はたして、どんな試合を見せてくれるのか。同じリングで行われる寺地拳四朗(BMB)、中谷潤人(M.T)の防衛戦と合わせて展望する。

◆【実際の映像】那須川天心、公開練習で洗練されたスパーリングを披露! 修正力の高さにファンも驚愕「人間は5カ月間でこんだけ変わるんだと」

■世界チャンピオンを思い描けば、KO勝ちが必須

那須川は4月のボクシングデビュー戦で、当時の日本バンタム級2位、与那覇勇気(真正)に完勝した。持ち前のスピードとテクニックがボクシングでも通用することを証明した。しかし、その反面、KOできなかったことに対する「物足りなさ」を指摘する声もあった。

見る側の要求が高いのは、目指す目標が高いから。国内や東洋太平洋のタイトルを取っても、誰も満足してくれない。目標はあくまでも世界タイトル。スーパーバンタム級の世界チャンピオンは、我らが大将、井上尚弥(大橋)だ。

もちろん、現時点で将来の対戦相手にモンスターの名前は上がっていないが、気の早いファンはどうしても妄想する。最強チャンプへの挑戦を思い描くには、強烈なアピールが必要だ。本人も「(トレーナーは無理をするなというが)KOしたい気持ちは強い」と述べている。ノンタイトル8回戦で判定勝ちではトーンが下がる。KO勝ちは必須だろう。

■獰猛なファイターの姿を見せてほしい

今回の試合前に、那須川は2週間のアメリカ合宿を行った。そこでは元WBOスーパーバンタム級チャンピオン、アンジェロ・レオ(アメリカ)などとのスパーリングを精力的に行った。本人が「こんなにやらなきゃいけないのか」というほどのハードな練習だったという。

キックボクシングのときは、短ければ2カ月ほどの間隔で試合を行ってきたが、今回のインターバルは5カ月。「冬眠していたみたい」と表現するほど、試合に飢えた状態だ。試合開始のゴングから襲いかかる、獰猛なファイターの姿を見せてほしい。

■相手が誰かは関係ない。注目は天心のボクシング

今回は、1日にファン・フローレス(メキシコ)のコロナ陽性が判明し、急きょ対戦相手がルイス・グスマン(メキシコ)に変更になった。グスマンはメキシコ・バンタム級チャンピオンで、戦績は10勝(6KO)2敗。ビデオで見る限り、左右のフックを振るう右構えのファイターだ。1日に予定されていた試合が中止になったばかり、コンディションに問題はないそうだ。

しかし、相手が誰かは関係がない。みんなが注目しているのは、「那須川天心がどんなボクシングを見せてくれるか」、それだけだ。期待が大きいだけに、長くは待ってくれない。今後の2、3試合の間に世界ランカー上位選手との対戦を実現したいところだ。そのためには早いラウンドのKOが必要だろう。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします